未確認動物、遭遇

ふう...、どこなんだ、ここは(笑)。

 あまりに真っ暗でどこ走ってるんだかわからなくなってきた。
おそらく下界に見えるのは草津の町の明かりではないだろうか。
硫黄の成分で町全体が緑がかって見えますよね。
(冗談ですよ....)。

b0134013_056516.jpg






雪があるので光を反射するだろうし、
さくっと山のきれいな夜景が撮れると楽観視していたが
想像を遥かに超える暗さだった。
絞り開放、ISO800、30秒露光
さらに現像時に2段くらい増感してようやくこのくらいの明るさとなる。

b0134013_0565388.jpg






そりゃいくらかノイジーにもなろう、というものだが...。
ところで、なんでこんなに草が赤いのか。

大昔にここでいくさがあったときの話、
夜になると戦死した侍たちの大量の血が浮かび上がるのだ、と言われている。
(冗談ですよ。   くだらない....、 しつこい...。)

実は撮影時に車のテールライトが点滅していた。
極端に増感したため、その赤の成分も増幅された、というもの。

b0134013_056561.jpg






で、これは本当の話なのだが、
真っ暗な中でカメラを持って崖の方に歩いて行ったら
目の前で何か生き物が逃げ去って行った。
ほんの数メートル先にいたものが一気に20メートルくらい先まで
逃げて行った、という感じ。
直感的に熊だと思った。
本当に恐ろしくて一旦は逃げたのだが
好奇心に勝てずに再び撮りに行った。

どこにカメラを向ければ良いのか
どうやってピントをあわせればよいのか
ましてや暗すぎて写るのかよくわからないまま
勘でとにかく2枚撮った。
いったい何の動物なのか見ていただきたい、です。

b0134013_0565885.jpg





下の写真、
手前は草原みたいに見えるけどもちょっとした崖。
中央に道路が見える。
奥の山は部分しか写っていないが実は巨大。

真ん中で動物がこちらを向いているように見える。
自分には小熊に見える。
奥のガードレールの大きさと比較すると
それほど巨大とは思えない。
たぬき、きつね、いぬ、いろいろ考えてみたが
後ろ足が熊っぽい気もする。

b0134013_0564376.jpg



こちらはちょうど動物が向こう側に移動して行くところと思われる。

b0134013_0564853.jpg






さあ、なんだったんでしょうね。
とりあえず襲われなくて良かったですよ。


これはもう下界まで降りてきたときの写真。
こちらは平和でした。

b0134013_057498.jpg

[PENTAX K-x & DA16-45mmF4ED AL]
by tig3ti | 2010-07-09 23:56 | カメラ/写真 | Comments(4)
Commented by igu at 2010-07-10 03:20 x
うわ〜!それ、こわいやん。
あ、久しぶりです。
よく見ると、カモシカ系の動物にも見えてきませんか。
顔の周りに白い毛が生えていて…
しかし、危ないので気をつけてくだされ。
Commented by tig3ti at 2010-07-10 15:20
顔の周り、たしかに白っぽいですね。
見えないところでは怖いです。
そういえばそちらの恐怖体験の場所は...
スカイコート(笑)?
Commented by igu at 2010-07-11 02:59 x
笑!!!!!
いえ、スカイコートではありません。
笹塚の…
Commented by tig3ti at 2010-07-11 12:28
はは、なるほど。
金縛り、僕の場合は夢ではなく現実でしたけどもね。

ところでこんなところで言うことじゃありませんが、当時一緒にいた
T 氏とW氏 がそれぞれ結婚いたしました(笑)。


<< 絵描き メセニーな景色 >>