DP1 夜間 ISO100 手持ち散歩

DP1 Merrill を導入した場合を妄想しながら無印DP1 を持って銀座を散歩しました。

b0134013_1485484.jpg

[SIGMA DP1]







この男性の背を1.5 倍高くして、体の細さが70% はどしかない
足の長いロシア人らしき女性がさっそうと歩いていてたまげました。
地面のタイルに沿いながら一直線に歩いて行くんです。

モデル体型など遥かに越えていて、もはやあれは宇宙人だったのではないかと疑っているところです....。

b0134013_1484859.jpg









いきなりDP1 から脱線しました(笑)。
さて、昼専用となりがちなDP1 ですが広角域としてはK-5 & DA21 よりも納得感が高いため
なるべく夜間も活用したいところです。

あらためて三脚なし、ISO100 の条件で散歩しました。

b0134013_1484651.jpg








夜でも照明のあるところであればいくらかマイナス補正することでシャッター速度を確保することができます。
今回一番遅いのは1/30。
安易にISO200 にするよりもISO100 をキープしたまま露出をぐっと下げてしまいます。
あとで現像時に明るくするのですがこの方法の方がいくらか良い結果が得られるような気がしてます。

b0134013_1485051.jpg







DP1 Merrill はレンズがF2.8 ということで1段明るくなっていますね。
手持ちには好条件ですがなにせ画素数がアップしていますので
シャッタースピードもより速くしないといけないように思います。

素子もやや大きくなり、開放値も明るいためぼけやすくなり、
景色に締まりが無くなるのではないかと少し心配しています。

b0134013_1485126.jpg








安定した画のために軽くもない三脚が必携なのであれば
D800 などに明るいレンズをつけてISO400くらいで手持ち撮影したほうがよいではないか、
となってしまいそうです。




最後に、再びDP1 に関係のない話ですが....
きょう帰りに、向かいのホームに向谷実氏を発見いたしました。
だからどうした、と言われそうですが(笑)、
ちょっとうれしいハプニングといった感じです。
by tig3ti | 2012-09-11 23:31 | カメラ/写真 | Comments(2)
Commented by jmiin at 2012-09-12 22:27
3枚目の写真。
画角ぴったりの建物が気持ちいいですね!

で、ビルの雰囲気がこの時間帯にマッチしていて、なかなか魅せる
写真です。
Commented by tig3ti at 2012-09-12 23:55
そちらのDP1 とR-D1 の描写はいつも素晴らしいですね。
DP1 は自分も使っているのでわかりますが
R-D1 があんなに良いとは大変気になります。


<< Macbook Pro 写真... 京橋散歩 桐島ローランド写真展 >>