Studio Four Big Band

ビッグバンドの撮影をしました。

b0134013_2313536.jpg

[SONY α7S & FA31/1.8 Limited Black]





いろいろレンズは持って行ったのですが
もっとも重要な3本を選ぶと
100mm F2.8
50mm F1.2
24mm F2.8
になります。

b0134013_23135933.jpg

[SONY α7S & D FA Macro 100mmF2.8]






広角は全体写真に必要です、
またプレイヤーに近づくことで一人に焦点を当てながらも全体を取り入れた構図が可能になります。
24mm はやや画角が極端なんですが会場全体を見渡すにはこのくらい必要になってきます。

b0134013_2313477.jpg

[SONY α7S & D FA Macro 100mmF2.8]






50mm はポートレートに、またオフショットでの撮影に重宝します。
近づけば後ろをぼかした典型的な人物写真に、
やや距離をおけば数人で会話しているような温かみのある画が撮れます。

b0134013_23134180.jpg

[SONY α7S & D FA Macro 100mmF2.8]






そしてそして、一番活躍するのは100mm F2.8 です。

b0134013_23134584.jpg

[SONY α7S & D FA Macro 100mmF2.8]





ビッグバンドのようにあまり近づけない環境では望遠が必要です。
しかし200mm 以上で性能が良く、室内で有利なF2.8 を実現するレンズは高価で重いものです。
そのような大砲はとても購入する気になりません。

b0134013_23135555.jpg

[SONY α7S & D FA Macro 100mmF2.8]





というわけで100mm だけでなんとかすることにしています。
今回はフルサイズを使いましたがAPS-C カメラを使えば1.5 倍にはなりますし。

b0134013_23134316.jpg

[SONY α7S & D FA Macro 100mmF2.8]






今回は部分的にFA77 を使用し良い結果を残すことができましたが
それも100mm で代用できる程度のことでした。

b0134013_23134915.jpg

[SONY α7S & D FA Macro 100mmF2.8]






77mm F1.8 と100mm F2.8 は性格の違うレンズだとはいえ
同時に持ち出すには微妙な画角差なんですよね。

b0134013_23135155.jpg

[SONY α7S & SMC A 24mm/F2.8]





なんだか85mm F1.4 が気になってきました。
これなら明確に差が出るのではないでしょうか(笑)。
いい加減にしないと数ミリおきに単焦点レンズが揃ってしまいそうです....

b0134013_23135738.jpg

[SONY α7S & D FA Macro 100mmF2.8]
by tig3ti | 2016-06-02 23:55 | 音楽 | Comments(0)


<< 本日のJazz Friend 大塚の犬 >>