<   2010年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

昭和85年 高円寺の阿波踊り(マイクロソフト連)

サンバの後、阿波踊りも行った。
だがあまりに短時間。余裕なし。

ほお、マイクロソフト連というのがあるのか。

アップルは出てないのか??
そう遠くなかろう...本社のある初台から。

b0134013_1511049.jpg






なんだか気分で昭和な仕上がりにしてしまった。
昭和ならもう85年になるのか。

b0134013_1511369.jpg





ああ、良い目線がありがたい。

マイクロソフトの社員が休出してやっているのか。
はたまた既存グループが協賛金もらってハッピだけ着ているのか。
(余計なお世話か...)

....
(その後、有志100名以上の社員が毎週会議室で練習を重ねているとの情報を発見した。
協賛金などと言って申し訳なかった(笑)。
しかし100名が踊りを練習できる会議室、これだけで企業規模がわかろうというものだ)



b0134013_1511555.jpg






がんばって! と。

b0134013_1511913.jpg






お疲れさまでした!

b0134013_151229.jpg

[PENTAX K-x & FA50/1.4]





このあと予定があるのに駅までの道はすべて行列で進めず大いにあせる...。
なにごとも余裕を持って行動しましょう(笑)。
by tig3ti | 2010-08-31 23:51 | カメラ/写真 | Comments(4)

浅草サンバカーニバル  アミーゴス・カリエンテス Part 2

コンテストの結果を聞きました。
どうやら昨年より三つも順位を上げて7位だったようですね。

成績が悪いと下位リーグに転落というシステムらしいですから
順位アップというのはまさに朗報です。

b0134013_014873.jpg

[PENTAX K-x & FA50/1.4]






さて、パレードが終わるとこのチームは隅田川沿いの土手まで移動して
さらに踊りと演奏を続けるのが恒例となっているんですね。

この時点で順位はわかっていないわけですが
開放感からでしょうか、大いに盛り上がっております。

b0134013_015687.jpg






おお、力強いですね。
女性だったかな、たしかこの左の方は。

b0134013_015156.jpg






隅田川にスカイツリーに遊覧船なども通って
なかなか気持ちのいい場所ですよ。

b0134013_015927.jpg







衣装は手作りと聞きました。
なかなか手間のかかる作業でしょう。
他のチームは外注のところも多いようですから
自力で作り上げてこの地位を守っているのは
なかなかすごいことではないでしょうか。

b0134013_02193.jpg

[PENTAX K-x & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM]






今回残念だったのはメンバーが100人もいるものですから
全員のベストショットを捉えるのは難しかったということです。

撮るならこの瞬間でなくてはならない、というタイミングがありますが
それが来る瞬間に自分がそこに居て、確実に捉えなくてはいけない。
そして100カ所で成功させなくてはならない...
うーむ、やはり難しいですね。

b0134013_021145.jpg

[PENTAX K-x & D FA Macro 100mmF2.8]






まあ手元にはまだストックがありますので
とにかくメンバーにお渡ししようと思います。

b0134013_02849.jpg






おっと、ちゃんとカラーで納品しますのでご安心ください(笑)。

おつかれさまでした!

b0134013_02436.jpg

[PENTAX K-x & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM]
by tig3ti | 2010-08-30 23:00 | カメラ/写真 | Comments(4)

浅草サンバカーニバル  アミーゴス・カリエンテス Part 1

さて、非常に幸いなことに内側から撮影に参加出来たカーニバル、
写真の一部を見て行きましょう。

b0134013_133895.jpg

[PENTAX K-x & FA50/1.4]





撮影直後はしっかり撮れた実感が少なくて心配になり、
きょうの昼にデータを見てみると「良いショットもあるじゃないか」と安心し、
今晩改めてみてみると「いまいちではないか...」と再び落ち込み
一喜一憂しております....。

b0134013_133345.jpg

[PENTAX K-x & FA50/1.4]





まあ写真の出来はともかく、この100名を超すチームの一体感、高揚感は
ものすごいものがありますよ。
この演目を、そして自分自身を表現するために生き生きと演じています。

撮影で全員の近くまで行くのでよくわかるのですが
ひとりひとりが力強い声でテーマ曲を歌っているんですね。

b0134013_1331738.jpg

[PENTAX K-x & DA16-45mmF4ED AL]







おっと、ありがとうございます。
こういうショットは心和みますよ(笑)。
この方はサポーターさんです。

各出場チームにはテーマがありまして
アミーゴス・カリエンテスの今年のテーマは
「朝ごはんで元気モリモリ!〜食べなきゃダメ!」
だそうであります(笑)。
どういうこと?? とはじめは思いましたが
元気なサンバにふさわしいテーマなのでしょうか。
ここ25年くらい朝飯を食べたことのない私には
参加資格がないように思われました...(笑)。

b0134013_1331438.jpg

[PENTAX K-x & FA50/1.4]





で、このコスチュームなんですが
想像するに上の写真は、
朝ご飯をつくるので起きてきたばかりのお母さんといったところでしょうか。
パジャマ姿ですし。

下の写真は料理を作るガスコンロの炎を表現しているようです。

さらに下の方の写真には目玉焼きや、フルーツの帽子をかぶった人も出てきます。

b0134013_1332242.jpg







さて審査員のいるエリアに近づいてきました。
やはり出演者的にはそれなりに力が入るそうですよ(笑)。

今年は小野リサも来ていたんですね。

b0134013_1332449.jpg








タンボリン隊、抜けるような青空、そして建設途中の東京スカイツリー。
今年しか撮れないショットと言って良いでしょう。

b0134013_13327100.jpg

[PENTAX K-x & DA16-45mmF4ED AL]








さすが目玉焼きを食べているせいかひときわ元気です。

b0134013_1333042.jpg







いやあ、アミーゴス・カリエンテス
すばらしいですね。
あしたも若干続きます。

b0134013_1333869.jpg

[PENTAX K-x & D FA Macro 100mmF2.8]
by tig3ti | 2010-08-29 23:33 | カメラ/写真 | Comments(0)

浅草サンバカーニバル & 高円寺阿波踊り & セッション

きょうは密度の濃い一日に。
もともと夜はジャズセッションが入っているだけで
まあ普通の日の予定だった。

だが、ここにきて急にいろいろイベント情報が入ってきた...。

b0134013_1371725.jpg

[PENTAX K-x & FA50/1.4]
行進前、路上ウェイティングスペースでの緊張のひととき





そういえば夏は浅草サンバカーニバル。
そしてそれは今日。

去年、Sound Programming Friend が出場するというので
初めて観に行ってみたのだがその熱気の高さに圧倒され
気になる催し物となった。
ただ人出が半端でなく、去年も撮影には難儀していた。
さて今年は、といえば...
なんと、いきなりこのお方の粋な計らいで上位リーグの出場チームのひとつ
「アミーゴス カリエンテス」様公認のオフィシャルカメラマンに昇格することに(笑)。

いや本当のところは、ここ数年このチームを撮り続けている
プロフェッショナルなカメラマンがちゃんといるので
確実なショットは既にあるという安心感の中で
自由に撮らせていただくという甘えた立場ではあるのだが。

それでも、チームのシャツを着てメンバーの一員になって
撮りまくるのは爽快だった。
もうダンサー、演奏者の間をす〜いすいっ である(笑)。
炎天下、1時間近くの演技を撮るのは疲労したけれども。

データの整理はしばらくかかりそうだが、感想としては
事前になんとなくイメージしていた絵を形にするのは非常に難しい、ということ、

太陽光の条件、人の配置の構図、ダンスのフォーム、表情、画角、被写界深度....
そして時間制限....。
最高の組み合わせで傑作を量産するのは不可能に近い(笑)。



ともあれ、とても良い経験になり感謝したいです。



この高揚感を抑えきれず、セッション前にさらに
高円寺の阿波踊り撮影に向かってしまいましたとさ。
ははは.....。
こちらも凄いパワーですよ。
日本人ってこんなにパワフルでしたっけね(笑)。
by tig3ti | 2010-08-28 23:28 | カメラ/写真 | Comments(0)

晩夏 DA55-300 望遠マクロ散歩

まだまだ暑いですが来週はもう9月ですか。
猛暑に悩まされた今年の夏も終わりに近づくと寂しいですね。



DA55-300 は望遠として低価格な割に評判の良いレンズですが
マクロ用途にどれほど使えるものなのか
テストを兼ねて散歩しました。

ついでにAperture でも処理遊びをやりましたので
掲載写真で55-300 の純粋な能力チェックには使えないかもしれませんけども。

b0134013_0263528.jpg


子供時代の夏をイメージして色コントロールしてます。







すべて300mm F8 で撮影しています。

こちらは色温度調整と、
蝶以外に軽くブラーを適用しています。

b0134013_0263882.jpg






こんなところでふ化したりするんですね。

色温度調整とビネットコントロールしています。

b0134013_026464.jpg






ブラシで範囲指定した所以外で色を抜いています。

b0134013_0264187.jpg






さて、撮影してみた印象です。
DFA Macro 100mm との比較を想定しています。

まずこの倍率を得るために300mm を多用したわけですが
晴れた日中という明るさに恵まれた環境でも
なかなか難易度は高いです。

三脚を使ってもブレの危険は高く、
速いシャッター速度を得るためにISO を高くせざるを得ません。

b0134013_0265274.jpg







55-300 のボケ味は良好なので印象の良い写真となります。

望遠として比較的シャープな印象があったのですが
やはりDFA100 との比較は酷でしょうか。
あのシャープネスはやはり望むべくもなく
やや眠さは感じてしまいます。
とはいえ、普通に使う分にはまあ十分な画質と言えそうですね。

b0134013_0264873.jpg

[PENTAX K-x & DA55-300mmF4-5.8ED]





結論としては、やはり
安くて(= 万一破損しても精神的打撃が少なくて済む 笑)
軽くて(= 体力に自信がありません 笑)
描写の良い望遠として使うのが吉であるが(当たり前の結論...)、
非常用としてマクロが撮影出来る余裕には安心感がある、といったところですか。



しかし改めて製品情報を見てみると特にマクロとはうたっていないんですね。
社内基準の倍率に達しなかったということでしょうか。
いやいやペンタックス、きまじめな会社ですよ(笑)。
by tig3ti | 2010-08-27 23:26 | カメラ/写真 | Comments(0)

ベーシストポートレート

きょうのベーシストのポートレート。

b0134013_1541532.jpg

[PENTAX K-x & FA50/1.4]





そのインテリジェンスがにじみ出ている写真になったかどうか。


ポートレートは難しい。

- 撮る側のイメージ
- 撮られる側が見た時に納得してくれる絵
- 一般に人が良いと思う仕上がり

それぞれみんな違うだろうから何を優先させるかということなんだろうが。


最初はもっとコントラストが強かった。
そのほうが心の深い部分が表現されている気がしたんだけども。
しかしぱっと見の印象がきつくて
もっとやわらかさとかを出すようにしたらこうなった。
うーむ、もっといろいろ撮ってみないとわからないな....。

ポートレートはタイミングが重要。
風景のようにマイペースで気の済むまで試行錯誤出来ないから
ますます難しい。
by tig3ti | 2010-08-26 23:54 | カメラ/写真 | Comments(4)

JZ Brat 田中裕士氏ライブ

久しぶりにJZ Brat に来ました。
ピアニストの田中裕士氏のライブを観に。

b0134013_1123719.jpg





田中裕士(p)
鈴木“OMA”勲(b)
Gene Jackson(ds)
Guest:TOKU(vo,flh)


田中さんとはずいぶん前によくお話しさせていただいていました。
この夏にまた再会してゆっくりお話しする機会がありましたので
その流れで誘っていただいたのでした。
プレイもすばらしいですがその人柄からお話しするのが楽しいです。

b0134013_1124070.jpg

[PENTAX K-x & DA 21/3.2 Limited]




ドラムのジーンジャクソンは、
ハービーハンコックの海賊版 "Live In NY" における名演ですっかりお馴染みですね(笑)。
(怒られる、か...)


Toku はボーカリストとして有名ですがフリューゲルホーンもかなりの完成度でしたよ。


さて、非常に有名なベースの鈴木勲さんですが、
不勉強のため、いままであまり聴く機会はありませんでした。
77歳ということで枯れた音を想像して行ったんですが
これは良い意味で大きく裏切られました。

タイトなリズム、コンテンポラリーなアプローチ。
見た目は白髪の老紳士ですが
サウンドは音楽性の高い20代の若者といった印象を持ちます。

楽器がまた変わっていまして、とても小さいベースを弾いているんですね。
終演後に話を聞いてみると、なんと
ヴィオラ・ダ・ガンバだというんですよ。
中世ヨーロッパで使われた古楽器です。

中低域が豊かで、ベースアンプと相性が良い音がしています。
チェロよりも胴が太いようで厚みがある音が出せるんでしょうか。
きょうはエレベの弦を張り、ボディーと弦からピックアップで拾っていたようです。
これでスラップ奏法を交えて演奏するものですから
独特なグルーブとなり新鮮なバンドサウンドをつくるのに大きく貢献していました。
オリジナルチューンも良かったです。
うーん、すばらしいですね鈴木勲氏。
(気づくの遅いって.... て感じですか)




なんだか書いていたら弾きたくなってきましたねえ。
そういえばあしたは堤智恵子さんのライブでご一緒しますよ。
元気なサックスを聴きにいかがでしょうか。
大宮JAM
by tig3ti | 2010-08-25 23:12 | 音楽 | Comments(4)

湘南、夕日 Part 2

一度JPEG 出力したファイルをAperture で手直ししてみた。
暗すぎた部分を少し起こしたのだが、思った以上にきれいに
暗部のデータは残っていた。

b0134013_046653.jpg

[PENTAX K-m & DA55-300mmF4-5.8ED]




こちらはDP1 のJPEG で若干の色補正。
DP1 は相変わらず独特な絵を吐き出す。

b0134013_0461792.jpg

[SIGMA DP1]





光っているのは江ノ島の灯台。
実はまだ江ノ島に渡ったことがない。
そのうち行ってみようかな。

b0134013_046962.jpg

[PENTAX K-m & DA55-300mmF4-5.8ED]






しかし、RAW も良いんだがデータ量が多くてやっかいだし、
実はJPEG を元にエディットしてもそこそこいけるのでは?、とか思ったりして。

b0134013_0461231.jpg

[PENTAX K-m & DA 21/3.2 Limited]






非常に気になっているPentax K-5 のうわさ。
こいつが1600万画素である、などというスペックを見ると
そろそろ勘弁して欲しいという気持ちになってくる。

もし画質を犠牲にしない程度の高画素化なのであれば良いのだが。
それに困るのはパソコンの処理スピードとHD のキャパ。
K-x が1240万画素だから、約1.5 倍重くなってしまうのだろうか...。
by tig3ti | 2010-08-24 23:46 | カメラ/写真 | Comments(2)

湘南、夕日 Part 1

湘南を真っ赤に染める夕日。

絶景だった。まさに楽園。
楽園撮影の神、三好和義氏に挑戦... (笑 冗談です)。

b0134013_013869.jpg

[PENTAX K-m & DA 21/3.2 Limited]





こちらはDP1。
諧調に余裕がある気がするのはFoveon だからなのか。

b0134013_0131215.jpg

[SIGMA DP1]





愛しのエリーが町内放送で流れたりするこの町。
桑田ショックに沈んでいるんではないだろうか。
かなり初期だったし全快で戻ってくると信じているけども。

b0134013_013682.jpg






しかしきょうは梨本さんの訃報。
最近よからぬ話も多い...。

なんの脈絡もなくたまたま頭に浮かんだだけでも
緒形拳、忌野清志郎、筑紫哲也、飯島愛、樋口 宗孝、などなどなど..
まだ若いし、いて当たり前な感じのの方々がもういない世の中、なのか。

余計なことだけども冒頭の三好和義氏に名前がそっくりな
三浦和義氏もそういえば亡くなっていた。

b0134013_013366.jpg

[PENTAX K-m & FA43/1.9 Limited Black]





おかしいな、楽園の風景なのに縁起でもない話になってしまった。
夕景のもの寂しさがこんな話を誘ったのか...。
by tig3ti | 2010-08-23 23:12 | カメラ/写真 | Comments(4)

茅ヶ崎ビーチ散歩

夕暮れのビーチ。
人々が思い思いに時を過ごしていた。

ふらっとやってきて海を眺めることの出来る環境。
すばらしいなあ。

b0134013_052232.jpg






撮っている時は普通に良い雰囲気と思っていたんだが...
この位置、海との距離
釣れるんだろうか(笑)。

波打ち際まで魚がいるのは見たことあるけど
それでもちょっと遠くない??

b0134013_052737.jpg






飛行機雲だろうか。

b0134013_053022.jpg






派手な海の家。
ペイントが鮮やかだった。

b0134013_053287.jpg






ちょっとボサノヴァを感じた(笑)。

b0134013_053580.jpg






この開放感。
最高に気持ちいい。

b0134013_053935.jpg

[PENTAX K-x & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM]




16-45 が便利で最近使っていなかったんだが
海にくると10-20 は「must have アイテム」に思えてくる。
by tig3ti | 2010-08-22 23:05 | カメラ/写真 | Comments(2)