<   2010年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

秋の香り FA77 散歩

きのうFA77 を持って散歩した。
見頃を過ぎた曼珠沙華が咲いていた。

b0134013_0423842.jpg






アメリカに行っている間に盛りを迎えてしまったか。

比較的元気なものを撮ったのでわかりにくいが
花はぎりぎりな感じで咲いており、
そのまわりで羽の痛んだ蝶が舞っていた。

b0134013_0424146.jpg






去年はマクロを中心にさんざん撮ったので
今年はもういいかと思っていた。
だが散歩したら違う表情を見せてくれていて
またシャッターを押してしまった。

b0134013_0424425.jpg






今年は残暑がひどい、と言いながら
もうすっかり涼しくなり秋に向かおうとしている。

b0134013_0424738.jpg






ふと見上げると...、おお
もうこんなのが見られるシーズンになったということか。

b0134013_0424939.jpg

[PENTAX K-x & FA77/1.8 Limited Black]
by tig3ti | 2010-09-30 23:42 | カメラ/写真 | Comments(4)

水の流れ Part 4

Jazz Fiends のみなさん、きょうはお疲れさまでした。
面白いセッションになったんじゃないでしょうか。

b0134013_1251467.jpg






来月は10/20 (水) なんですね。

Soultrane

また一緒に盛り上がりましょう(笑)。

b0134013_1251738.jpg






さて、1枚目のシャッタースピードは1/125。
2、3枚目は1/500 以上。

水を止める目安がわかりますね。
このシャッタースピードのために日中でもISO が上がらざるを得ません。

b0134013_1252063.jpg






あしたは早起きなんです...。
おやすみなさいっ(笑)。

b0134013_1252361.jpg

[PENTAX K-m & D FA Macro 100mmF2.8]
by tig3ti | 2010-09-29 23:25 | カメラ/写真 | Comments(0)

水の流れ Part 3  & Live and Session

HDR で川の流れ。
なんという質感だ(笑)。

b0134013_23465579.jpg





こんなのもけっこう好きなんであるが。

元の画像から色付けするのもPENTAX Digital Camera Utility,
Aperture, Photomatix Pro などいろいろあって時間がかかる一方である....。

b0134013_23465394.jpg

[PENTAX K-m & DA 21/3.2 Limited]





しかしきょうはひどい雨だった。ゲリラ豪雨直前くらい。
あしたは晴れる見込みらしい。

でしたらこんなのいかがでしょうか。

b0134013_2347070.jpg

[PENTAX K-m & D FA Macro 100mmF2.8]





浅草 Soultrane

9/29 (水)
Live & Session

斉藤ハル(ts)
今泉泰樹(p)
佐瀬正(b)
三科律子(ds)


b0134013_2346583.jpg

[PENTAX K-m & DA 21/3.2 Limited]




ハルさんを囲んで一緒に遊びましょう。
アグレッシヴな演奏になること間違いなしですっ。
by tig3ti | 2010-09-28 23:46 | カメラ/写真 | Comments(2)

水の流れ Part 2  & K-5, K-r シャッター音

激しく流れる滝をバックに若木が浮かび上がっていた。

b0134013_2329988.jpg





この繊細さはDFA100 のキャラクターによる。
若木のみずみずしさはAperture の持つ自由度のおかげか。

b0134013_23291257.jpg





で、こんな爆音轟く滝のそばではシャッター音など気にならないのだが(笑)、
やはりスナップ撮影やライブ撮影を考えると小さなシャッター音が必要。
ということで各社のシャッター音をいくつか試してみた。

b0134013_23291577.jpg

[PENTAX K-m & D FA Macro 100mmF2.8]




DP1 はレンズシャッターのため限りなく無音なのであるが
一眼ではそうはいかない。
そこでマイクロフォーサーズやソニー NEX、
さらにこれまた可動式ミラーを使用していないA33/55 などは
どんな音だったかと試してみた。

すると意外なことに思ったよりも音が大きい。
どうやら可動ミラーはないもののシャッター幕が動くので
「カチッ」といった甲高い音が発生し若干耳につくのだった。
さらにソニー はかっこいい音色づくりのため電子音を付加しているらしく
(メーカー派遣販売員談)
「ピュン」という切れの良い音がその電子音と思われた。

b0134013_23291885.jpg

[PENTAX K-m & DA55-300mmF4-5.8ED]




一眼レフは高額機になるほどミラーが大きくなるせいなのだろうか
より音も大きめで雑な印象があった。
エントリー、中級機で比較すると、
キャノンは電子音風の甲高い音が耳につく。いやな音ではないが。
ペンタックスK-x は音自体は好きなものの一番音が大きい(笑)。
ところがニコンはすばらしかった。
D3000, 5000 どちらも非常に小さいにもかかわらず非常に上手く
音を抑え込んでいた。すごいぞ、ニコン(笑)。
意外とシグマSD15 も小さかった。

最後にK-7 はもっとも音が小さく理想的だった。
一安心か(笑)。

さて、各社の音を聞いて小型だから遮音性能が低いというわけではないことがわかった。
噂ではK-r のシャッター音はK-x よりほんの若干静かだとのこと。
K-5 はK-7 と同等だろう。
(追記:K-5 はさらに静かになっているようですね。すごい。)

さて...(笑)。
by tig3ti | 2010-09-27 23:29 | カメラ/写真 | Comments(2)

水の流れ Part 1  &蕨野行(わらびのこう)

ずいぶん前に録画していた蕨野行という映画を観た。
市原悦子主演、2003年製作か。

なんでこれを録ろうと思ったのかも覚えていないのだが....。

b0134013_22402314.jpg

[PENTAX K-m & smc DA L 18-55mmF3.5-5.6 AL]





話は江戸時代、東北地方に密かにあった約定。
貧しい村を存続させるための知恵としての...  姥捨ての物語...。

b0134013_22402734.jpg






で、話自体感ずるものはあるんだが
それよりも映像の美しさに驚いた。
もう非常に写真的なんである。
絶妙なフレーミングで山形の自然が、人の営みがおさめられている。
すべてのシーンが写真として完成していて見入ってしまった。

b0134013_22402932.jpg

[PENTAX K-m & FA43/1.9 Limited Black]





写真を見る場合、鑑賞する人各々の感覚で
写真のイメージからさらにその先へ想像を広げて見ていると思う。

b0134013_22403416.jpg

[PENTAX K-m & DA 21/3.2 Limited]




この映画の場合、もちろん動画ではあるんだが、
あくまでも場面が写真的なものとして提示され
その写真の解釈のひとつとして物語が進行していく、
そんな錯覚を持つほど映像がリードしているように感じた。
by tig3ti | 2010-09-26 23:40 | カメラ/写真 | Comments(2)

カリフォルニア Google Map ごっこ(笑) Part 3

おもしろがってGoogle Map ごっこをやっていたら
上陸する前にもう日本に帰ってきてしまいました(笑)。
きょうは久しぶりに演奏に出かけましたが旅行中弾いていませんでしたので
早くも指が動きにくくなってきていて恐ろしい限りです。

気候の方はすっかり涼しくなりちょうどLA にいた頃に近く感じました。
向こうでは透明感のある月が印象的でしたがきょうの東京でも月が美しく、
同じ月を見ていると思うと若干距離を縮めてくれるような気になります。


さて雲を抜けると人工物が目立つようになってきました。

b0134013_1059321.jpg





造形が面白いです。

b0134013_105989.jpg





このようなフットボール場をいくつか見かけました。

b0134013_10591080.jpg





道路が複雑に入り組んでいますが写真にも写らないほど小さな人間が
よくこんなものを造り上げるなあと感心してしまいます。

b0134013_10591479.jpg





左奥のビル群はダウンタウンです。
こちらは土地があるためあまり高層ビルは見かけません。
初めて来たときNY のイメージと比べて「これだけ?」と感じたものです。

b0134013_10591661.jpg





このように名前を書くのはそれこそGoogl Map 狙いなんでしょうか。

b0134013_10591947.jpg





イングルウッドパーク墓地。

b0134013_10592192.jpg




こちらはサンディエゴフリーウェイなんですね。
もう着陸寸前で左下に空港の駐車場が見えます。
b0134013_1059237.jpg

[PENTAX K-x & DA35/2.8 Macro Limited]
by tig3ti | 2010-09-25 23:52 | カメラ/写真 | Comments(4)

カリフォルニア Google Map ごっこ(笑) Part 2

若干高度が下がってきました。
昨日の写真は100mm で撮っていますが
今日のは35mm です。

b0134013_11193551.jpg





だいぶ人家も増えてきました。

カリフォルニアとひとくちに言っても広いですが
ここら辺は雨量も少ないですし結構砂漠地帯が多いようですね。
町中の緑は、スプリンクラーで無理矢理生かされているような印象があります。
夜道を歩くと至る所で自動で水が撒かれています。
庭は美しい緑、道路脇、山は茶色い不毛の土色、といった感じですね。

もっとも以前森のような場所に行ったこともありますし
場所によってだいぶ気候が違うんでしょう。




b0134013_11194083.jpg





しかしこの湖の水はなぜ干上がらないのか....(大笑)。

b0134013_111955100.jpg





家並みは整然と道路に沿ってつくられてきれいな形を見せてくれますね。
土地に余裕があるため日本のように複雑に入り組む形で
家を建てる必要がないからでしょうか。

b0134013_1119589.jpg






この山々にさえぎられる形で巨大な雲が控えていました。
薄い布のようですよ。

b0134013_1120479.jpg

[PENTAX K-x & DA35/2.8 Macro Limited]




おお、これを越えると都市部が現れてきました。

b0134013_1120745.jpg

by tig3ti | 2010-09-24 23:16 | カメラ/写真 | Comments(0)

カリフォルニア Google Map ごっこ(笑) Part 1

着陸20分前。

今、自分がどこにいるのか確信が持てません...(笑)。
サンフランシスコ方面から飛んで来ていると思うんですが。

b0134013_021128.jpg




どうもここは草木も生えない過酷な環境のようですね。
この一帯は砂漠のような土地が広がっております。
しかしそれなりに道路は通じていて、ここでも山の頂に沿って
道が整備されているのがわかります。

この中心に見える白い円の部分は何でしょうか。
オリジナル画像を拡大してもよくわかりません。
なんだか「火星に文明はあった」みたいな画像ですけども(笑)。

山頂でまわりに都市がないことから天文台か何かでしょうか。







この白いラインはやはり川でしょうか。
あまり水が流れている感じはしないんですが
森林地帯での川もこのように白く写っていました。
そういえばラインに沿って微妙に緑が広がっているようにも見えます。

b0134013_021474.jpg






さて、少し進んで平地に出るとたまにこのような景色に出くわします。
砂漠の中に突然青々とした畑が広がる不思議な地帯。

この川から水を引いて灌漑を行っているのかもしれません。
よく見ると緑の中に何本か線が入っています。
トラクターで収穫が済んだ部分でしょうか。

上部に見えるのは農家の集落のようです。
それなりの規模ながら上空から見るといかに都市から孤立している場所かがわかります。

はたしてこの中にはスーパーマーケットや病院などはあるのでしょうか。

b0134013_021865.jpg

[PENTAX K-x & D FA Macro 100mmF2.8]






これから飛行機は少しずつ高度を下げて行きますよ。
by tig3ti | 2010-09-23 23:58 | カメラ/写真 | Comments(0)

ロスアンジェルス上空散歩   & K-5 ノイズ感低減

さて、ふらっと成田空港に来てみたわけですが
たまたまパスポートを持っていましたので急遽海外に行ってみることにしました。
(脚色にも程がある... か (笑))

b0134013_113757.jpg

[PENTAX K-x & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM]





暗い機内でISO6400 with DA35 F2.8。
このサイズではノイズも特に気にならないですね。
等倍ではそこそこノイズ感が目につきます。

ついに発表されたK-5 では
常用100 - 12800
拡張設定時 80 - 51200
とのこと。

常用時にK-x よりも1段分感度が上がっていますので
さらなる性能アップが期待されます。

低感度方向にも1段分性能アップしていますね。
許容量のある素子なんでしょうか。
もうSONY の素子はすばらしすぎます。

画素数は1628万画ということで、HD 容量、パソコンの負荷アップ
などを考えると必ずしもうれしいわけではないんですが
S/N のことを考えるとノイズ感低減に一役買ってくれるのか、とも思いました。

等倍で気になるノイズがblog サイズで気にならないということはそういう理屈ですよね。
ノイズ、粒状感も縮小されることで目につかなくなってしまうわけです。
画素が多いということは従来より大きなサイズでもノイズに気づきにくくなるということでしょう。

b0134013_113452.jpg

[PENTAX K-x & DA35/2.8 Macro Limited]





さて、ロスアンジェルスまでは9時間の飛行。
顧客満足度の高いシンガポール航空で快適な空の旅。

いよいよカリフォルニアの土地が見えてきました。

b0134013_114378.jpg

[PENTAX K-x & D FA Macro 100mmF2.8]





あしたからは上空からの景色を見てみましょう!

b0134013_114068.jpg

[PENTAX K-x & DA35/2.8 Macro Limited]
by tig3ti | 2010-09-22 23:01 | カメラ/写真 | Comments(4)

成田空港散歩

成田空港を散歩しました。

b0134013_181640.jpg





第一旅客ターミナル。

b0134013_18392.jpg

[PENTAX K-x & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM]





旅客機を間近で見られますよ。

b0134013_18930.jpg

[PENTAX K-x & DA35/2.8 Macro Limited]





正面から見てみると一昔前の新幹線に見えてきました。
効率よく風を逃がすように設計しているでしょうから
似てくるのも当然かもしれません。

b0134013_18648.jpg

[PENTAX K-x & FA50/1.4]





皆さんはどのように成田空港へアクセスしているでしょうか。
自家用車、リムジンバス、成田エクスプレス、京成スカイライナー、などなど。
実際は意外と電車の割合が少ないんだそうです。

今回自分は京成スカイライナーを利用しましたがなかなか快適ですね。

b0134013_181213.jpg






日暮里ー空港第2ビルまで36分という売り文句です。
始点、終点の上野ー成田空港間の所要時間でないところが微妙ですが(笑)
速いことに間違いはありません。
座席もゆったりとつくられており電源もついているので
今回ノートパソコンで作業などしてみました。

ひとつ問題がありました。
電車が速すぎて作業が進む間もなく到着してしまったことです(笑)。


b0134013_175963.jpg

[PENTAX K-x & DA35/2.8 Macro Limited]




羽田空港の国際線拡大やら
LCC による格安運賃での旅行が可能になるなど
海外がますます身近になってきてありがたい限りです。
あとは、今の倍のスピードで飛んでくれるジャンボなどがあると完璧なんですが。
たしかそんな構想があったような気がしましたがいつか実現するんでしょうか。
by tig3ti | 2010-09-21 23:05 | カメラ/写真 | Comments(3)