<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

DP2x で夕方の森と空

夕刻、茂みを抜けると広場に出た。

b0134013_2141661.jpg







雲が渦を巻いているような。
明日の天気は大丈夫かな。

b0134013_21411051.jpg








もうすぐ19時だけど空を撮る分にはまだISO100 でいける。

見よ、木の葉の細かさ。
DP ならではの精密描写。

b0134013_2141161.jpg








おおっと、木と雲の会話。

大分暗くなってきたので先を急ぎましょう。

b0134013_21411887.jpg







池に映り込む光の透明感。
これまたDP ならではのピュアな描写。

b0134013_21412139.jpg







ちょっと風も出てきた。
手前の木が揺れている。

b0134013_21412519.jpg






左上に光る点ふたつ。
ゴミでもUFO でもなく、
星が輝き始めていたのであった。
by tig3ti | 2011-07-31 23:35 | カメラ/写真 | Comments(2)

大雨 可変鏡

きょうはひどい雨に降られて参りました。

滝のような大雨
事情により冬物の長袖洋服着用&傘なし
なのに道を間違え迷子
バッグ内でK-5 やや水没ぎみ
(防水加工のK-5 はすばらしい。FA77 は.... 
          しかもきょうは1枚も撮影せず)

b0134013_0233073.jpg








写真では雨も上がりかけてますが、
今日撮ったものではありません....。

b0134013_0231813.jpg








ところでいきなり関係のない話ですが
望遠鏡の設備で「可変鏡」というのがあるんですね。

地上から星を観測するとき空気の揺らぎにより画像が不鮮明になってしまいます。
これを解消するという驚愕の技術を使っています。

b0134013_0232177.jpg








どういう仕組みかと言いますと、
1 レーザー光を空に照射
2 上空90Km の空気の層にぶつかり揺らぎながら光っているのをとらえる
3 本来揺らいでいない状態の光と比較して補正値を算出
4 電流で表面を波打たせることの出来る「可変鏡」によって揺らぎを打ち消す

b0134013_0232437.jpg








比較して修正、なんてありがちな方法ですが
それを壮大なスケールで実現してしまうところがすごいです。
それにぐちゃぐちゃに揺らいで届く光が
鏡の補正で修正出来てしまうというのは驚きですね。
本当かな....。

星のまたたきなどは空気の揺らぎによるものだと思いますが
リアルタイムにどんどん変わって行きますし
空の場所によって全然状態は違うと思われます。
それが補正出来ちゃうんでしょうかね。

例えば沸騰したやかんの向こう側は揺らいでいますが
均一に揺らいでいるわけではないですよね....。

b0134013_0232749.jpg

[SIGMA DP2x]







ともあれ...、
少し似た技術でデジカメでも現在当たり前に搭載されている手ぶれ補正ですが、
実用化前は「理屈はわかるけどちょっと実用には無理あるんじゃないの?」
などと思われていたのではないでしょうか?

先日紹介したピントを修正出来るカメラなどもそうですが
新しい技術が考えられないような撮影を可能にしてくれてます。

まだまだ散財は続きそうですね。
by tig3ti | 2011-07-30 23:23 | カメラ/写真 | Comments(2)

悪趣味でごめんなさい 蚊

今日電車に乗っていましたら母子が乗ってきて
私の隣に座りました。

b0134013_074359.jpg







このお母さんについてきたのでしょうか、
私とこのお母さんのまわりでシマシマのヤブ蚊が飛び回りはじめました。
もう最悪ですね。


で、ふとみるとこの蚊がお母さんの腕にとまっているではありませんか。
お母さんは全く気づく様子もありません..。

パチリとつぶしてやりたい気持ちになりつつもそこまでの勇気はなし。

「あ、うで....」なんて言ってあげたいけど
もし言ったタイミングで蚊が飛び立ってしまい
お母さんに「はぁ?」なんて顔されたら目も当てられません。
変な人扱いされてしまいそうです。

2、3分吸い続け、すっかり太って飛んで行きましたが。

b0134013_074948.jpg








シマシマのヒトスジシマカはなかなか毒が強力ですよね。

家でたまに出るアカイエカはあまり毒性が強くない気がします。
刺されてもすぐに水で冷やすとかゆみはひいて行きます。

b0134013_074670.jpg

[PENTAX K-5 & D FA Macro 100mmF2.8]






写真は山中にいたアカイエカに似た蚊なのですがこいつは半端なく強力でした。
かゆみはとても強いです。
刺されたあと2週間経ちますがまだ黒っぽく痕になったままです。





なんだかきょうを境にアクセス数が激減する気がしてなりません。
はははは...。
by tig3ti | 2011-07-29 23:07 | カメラ/写真 | Comments(3)

エルダーさん

ブルーノート公演中のエルダー

b0134013_0444.jpg

[PENTAX K-5 & FA77/1.8 Limited Black]
(良い子は絶対にまねしちゃだめ 笑)







神の領域にいるピアニストであると信じていますが(笑)、
天才も意外とフォームが決まっているものだと思いました。


皆さんの大好きなプレイヤーでもそんなことを感じたことはないでしょうか。
自由奔放にやっていると思っていたプレイもいろいろなバージョンを聴き比べてみたら
意外とストーリーが決まっているものだと気づいてしまう、みたいな。






ところでこういう暗いところではK-5 のディスプレイバックライトのコントロールは便利ですね。
まず肩の部分の緑液晶はバックライトをOff にしておきます。
メインディズプレイはInfo を押して非表示にしておきます。
これでまったく光を発さないカメラとなりました。

しかし暗闇でうっかりダイヤルを触ってしまい
設定が変更されてしまったトラブルも起こりました。
うーむ。
by tig3ti | 2011-07-28 23:04 | カメラ/写真 | Comments(3)

MILLTONE という楽器(昼の部)

なんだこれは。

b0134013_23303252.jpg

[PENTAX K-5 & DA35/2.8 Macro Limited]






ミルトーンと書いてある。
スティール製の打楽器。

b0134013_23303721.jpg

[PENTAX K-5 & DA35/2.8 Macro Limited]







どことなくHang Drum のようであり
(それ自体なぞの楽器ではあるが)
スティールドラムのようでもあり....

音的にはむしろカリンバに近いか。

b0134013_23304312.jpg

[PENTAX K-5 & FA50/1.4]







この部分を指の腹で叩いたり
爪の辺りではじいたり
マレットやスティックで叩いてみたりした。

いろいろな音程が混じり合って実に不思議な感覚。
瞑想できそう。

b0134013_23303434.jpg

[PENTAX K-5 & DA35/2.8 Macro Limited]








お?
さらに別モデルも登場。
より素のスティール素材が活かされているつくり。

b0134013_23304066.jpg

[PENTAX K-5 & DA35/2.8 Macro Limited]






次回は夜の部を。
(意味不明?(笑)
by tig3ti | 2011-07-27 23:30 | 音楽 | Comments(4)

DP2x インプレッション 銀座散歩 part 3

F4.5 撮影。

b0134013_22585556.jpg







上の場所をF2.8 で撮ったらかなり周辺光量の低下があった。
細かに見れば若干の甘さも認められた。

開放だから当たり前とも言えるが
DP1 が開放からかなり切れていたので
DP2 も常識はずれの切れ味を出すのかと思っていた。
(とはいえ十二分な画質だが。)

b0134013_2259047.jpg










F5.0 あたりがピークとの情報も。

いつも絞り優先で撮っているけども
この日はP モードで撮ってみた。
DP2 の場合は良い選択かもしれない。

プログラムシフトを利用すればでP モードでも絞り値は一時的変更が可能だし。

b0134013_22585899.jpg








夜のオートフォーカスはなかなか機能してくれないなあ。
油断するとこんなだ(笑)。

b0134013_2259226.jpg









DP による夜間の描写はすごい。
折角身軽なのが台無しだが三脚持参がベスト。
なんとなくDP 用には軽量なVelbon Cube を買うのが良さそうな予感。
だが身軽さを目指したのに DP1 + DP2x + Cube = ほぼ1kg という矛盾。
どうすればいい(笑)??

b0134013_225942.jpg








夜の暗闇の中でも明るい輝きの部分がDP らしい独特な描写と思っている。
車ボディーの反射とか。

2枚目のヘッドライトも同じような表現と感じる。
フォビオンの癖というよりも
シグマの絵づくりによるものなのではないだろうか??

b0134013_2259650.jpg








やはりこういう絵はK-5 ではあまり見ない気がするなあ。

b0134013_225995.jpg

[SIGMA DP2x]
by tig3ti | 2011-07-26 23:58 | カメラ/写真 | Comments(2)

DP2x 快適運用法 銀座散歩 part 2

DP2x での銀座散歩。

b0134013_2118426.jpg





今回の散歩スタイル。

b0134013_2159138.jpg







- DP1 用のフードアダプタをつける。鞄に放り込んだ時のレンズガードとして。

カメラ的なルックスは良い。
ホールディングも良い。
しかしせっかくの小型ボディーなのに体積とりすぎ。
近々GR デジタル風のオートレンズキャップを購入予定。

b0134013_21175162.jpg








- ハクバのカメラグリップ装着。

フリップバック カメラグリップ G1
¥1280だしMust have item でしょう。
発売されたばかり。

b0134013_21175439.jpg







これでかなりグリップが良くなるが
こうなると親指の部分の滑りが気になってくる。
きょういいもの見つけてきましたよ。

東急ハンズ扱い
日本エラスター株式会社
極薄すべり止めテープ
¥399

これを好きに切って張り付ける。
薄さ、効果とも、「パーフェクト」です。
はがしてものりが残ることはなさそうな感じ。
(長期運用後はわかりませんけども)

あんなに持ちにくかったDP シリーズが
もう自分の手の一部のようです Yo (笑)!

b0134013_21175678.jpg







- ビューファインダ装着

非常に快適....だが...
やはり合焦したか確認出来ないのは不安。
特に夕方以降はフォーカスが非常に合いにくい。
オートフォーカスが使えるのは昼間か、夜ならよほど明るいポイントがある場合のみ。
そこで...、

K-5 では親指フォーカスを使っているがDP2x でも同様の動作にする。
1 AEL ボタンをフォーカスロック+露出ロックに設定
2 撮影時には液晶を見ながらAEL で確実にフォーカス
3 直後にファインダを目に当てフレーミング、手ぶれを防ぎながら撮影。
  CP モードを併用することで、ある程度の連写にも耐える

b0134013_21175986.jpg








上の写真みたいなボケを活かした撮影が出来るのもDP2x ならでは。
写りは...、丁寧に撮れば普通の一眼以上でしょう。

b0134013_2118175.jpg

[SIGMA DP2x]






なんだか今回は妙にメルヘンな感じになってしまいましたね...。



夜も少し散歩を続けました。
by tig3ti | 2011-07-25 23:17 | カメラ/写真 | Comments(6)

DP2x 銀座散歩 part 1 アナログ放送終了残念

DP2x を持って銀座を散歩しました。
軽いですよ!

新型のMacbook Air。
良さそうですね。

b0134013_2247514.jpg








現在使用中の17インチのMacbook は重くてなかなか肩に食い込みます。

b0134013_22465677.jpg








ところで本日アナログ放送が終了しましたね。
12時にドキドキしながら見た方も多いのではないでしょうか。
たいしたことは起こらなかったですけども(笑)。

b0134013_22465954.jpg







私は普段アナログ放送をDVD に焼いたものをリッピングし、
iPod Touchに転送して視聴しています。
データは完全に個人使用で見終わったらどんどん捨ててしまいます。
DVD に焼いたものを外出時にポータブルDVDで観ているような感覚です。

非常に快適だったのですがデジタルに移行するとガチガチのコピーガードのせいで
今まで出来ていたことが不可能になってしまいました。
まあ方法が無いわけではないのですが...。



いやリッピングなんて話をするまでもありません。
単純に地デジの番組をDVD に焼いても驚いたことにマックでは観る方法すらないんです。
日本だけで採用されたコピープロテクトのせいでApple がそれに対応しようとしないということなんですが。
もう話にならないでしょう。

b0134013_2247142.jpg








たしかに画質はいくらか良くなりましたが
データの取り回しが不便すぎて閉口してます。
多少画質が荒くても前の方が便利でした。
全く不満なかったですね。

b0134013_2247362.jpg

[SIGMA DP2x]






すべての放送がiTunes Store に登録されていて月額1500円でダウンロードし放題。
どうでしょう(笑)。
by tig3ti | 2011-07-24 22:46 | カメラ/写真 | Comments(4)

本日の Jazz Friends

はじめて東横線、学芸大学駅のJazz Club にやって来ました。

b0134013_0562291.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 30mm F1.4 EX DC]






とても内装が美しいお店です。

b0134013_0561825.jpg

[PENTAX K-5 & FA77/1.8 Limited Black]






撮影もよろしく、とのメールをいただいていたので気が緩みました(笑)。
演奏中に持ち場を離れるのは感心しないのですが。

b0134013_0562033.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 30mm F1.4 EX DC]






スポットライトの場合は露出が難しいですね。
面積の多くを占めるのが黒のため露出が明るく出がちです。

b0134013_0561321.jpg

[PENTAX K-5 & FA50/1.4]








久しぶりにお店のデジタルピアノでしたが非常に演奏が難しいです。
わたくしはデジタルピアノが大好きであるべき人間ですけども(笑)、
やはり生ピアノとは大きくフィーリングが異なります。

このピアノは50万円もするものですからそう悪いものではありません。
原因のひとつはやはりスピーカーシステムと思われます。
(注:これは断じてお店の備品批判ではございません。一般的な話です。)

生ピアノはそれ自体が巨大な専用スピーカーシステムと言って良いのですが
これを代替えできるほどのスピーカーはかなり限られてしまいます。

音源自体は良いものですから音楽制作などでは十二分に使えるのですが
生演奏では出音のフィードバックが非常に重要なため扱いが難しくなってきます。
とはいえロック、ポップスでは生ピアノよりもデジタルピアノの方が使えたりするんですよね。
ケースバイケースです。

b0134013_154258.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 30mm F1.4 EX DC]







お?
はやくも次回ライブの予定があるとのメールが飛び込んできました。
次はグランドピアノらしいですよ(笑)。

b0134013_0561757.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 30mm F1.4 EX DC]






本日おこしくださった皆さん、ありがとうございました。
by tig3ti | 2011-07-23 23:56 | 音楽 | Comments(9)

ノルウェー人 with 大型カメラ in 新宿

新宿駅西口で大型カメラをセッティングしている人を発見。
4x5でしょうか、これはでかくて重いですよ。
K-5 が重いのでDP2 を.... などという甘ったれた次元の話ではありません(笑)。

b0134013_2312181.jpg








ヘッドホンからはとてつもない大音量でビートの効いた音楽が....。
ノリノリで踊りながら準備しておられます。
ヤバい方なのでしょうか(笑)。
将来難聴になりますよ!!

b0134013_2311529.jpg








露出を計っていますね。
普通はカメラに露出計が内蔵されている...、
そんなことをわざわざ意識すらしない人が多いのではないでしょうか。
大型カメラでは別途露出計が必要になるんですね。

さて、あまりにも気になったので声をかけてみました。

b0134013_2311941.jpg








すると...もう喋るしゃべる。
良い人でよかった!

像が逆さまに映っているからファインダを見てみよ、と言う。
そうなんですよね。空の明るい部分が下に映っているのがわかります。
まあ普通のカメラも内部的にはそうですけども。
一眼レフでは像を反射させまくって正像にしたものをファインダで見ているわけですね。

ローライの場合は上下は正しく、左右は逆像です。
逆像でフレーミングするのは慣れがいりますね。
経験の多い方は特に苦もなくやっているようです。

b0134013_2312353.jpg








なんかドイツ語なまりっぽく聞こえたんですがノルウェー人。
7日間旅行で山手線をまわって撮りまくっているとのこと。
うれしいことではありませんか。

b0134013_2312592.jpg

[PENTAX K-5 & SMC A 28mm/F2]






しかしこの西口の小滝橋通りは敢えて被写体にするような場所でしょうか???
高層ビル街とか教えてみましたが.....どうやらここが好きみたいでした。
by tig3ti | 2011-07-22 23:01 | カメラ/写真 | Comments(6)