タグ:DA35/2.8 Macro Limited ( 206 ) タグの人気記事

パブ・カーディナル with DA35 Macro & DA70 Part 2

別れを惜しむお客さんで賑わう店内。

b0134013_235657.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]





予約も入っている模様。

b0134013_2351931.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]





中から銀座の一等地を眺める。

b0134013_235897.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]





70mm でバーカウンターを。
もう少しボケに優しさが欲しい気も。

b0134013_2351477.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]





せっかくの35mm Macro なので近接も。

b0134013_2352399.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]





隣テーブルに運ばれてくる料理。

b0134013_235255.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]





せっかくなので名物のローストビーフを。

b0134013_2352840.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]






あれから半年経ちました。
リニューアルオープンの可能性もありと聞いていましたが
その後どうなったのか気になります。






9/15(金)
入谷Four&More
20:00- Session
as藤陸雅裕
p今泉泰樹
b木下浩太
ds山田剛史

熱帯ジャズ楽団でおなじみの藤陸さんを招いてセッションを行います。
ぜひご参加ください!


b0134013_00230530.png



by tig3ti | 2017-09-14 23:47 | カメラ/写真 | Comments(0)

パブ・カーディナル with DA35 Macro & DA70 Part 1

今年3月いっぱいでクローズしてしまった銀座ソニービル。
その1階にあったパブ・カーディナル。

b0134013_23284193.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]





表通りはいつも花が飾られて長らくきれいに手入れされてます。

b0134013_23283854.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]





ソニービル内側からの入り口。

b0134013_23282815.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]





ずっと気になっていたお店ですが私自身はアルコールに弱いため入ったことがなく、
この機会にお邪魔してみることにしました。

b0134013_23284310.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]





内部はとても上品で歴史を感じます。

b0134013_23283488.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]





閉店間際ということでけっこう混んでいます。

b0134013_23283234.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]





この日のレンズはDA35 Macro とDA70。
画角の違いは絶妙で、使い勝手が良いです。
小型でかわいい。
どちらもデジタル時代な写り。
APS-C 用レンズを無理にフルサイズで使っているため微妙にイメージサークルの小さなこのコンビ。
どこか至らないところがあるレンズというのも楽しいもんです。






9/13(水)
川口キャバリーノ
18:30- Session
山沢亮(b)
今泉泰樹(p)
鈴木麻緒(ds)

月一開催でとても温かい雰囲気のセッションです。
山沢さん、麻緒さんが優しく教えてくださいますよ!
----------------



9/15(金)
入谷Four&More
20:00- Session
as藤陸雅裕
p今泉泰樹
b木下浩太
ds山田剛史

熱帯ジャズ楽団でおなじみの藤陸さんを招いてセッションを行います。
ぜひご参加ください!
----------------
by tig3ti | 2017-09-12 23:28 | カメラ/写真 | Comments(0)

新宿西口散歩 with DA70

新宿西口。
70mm による街撮り。
2段ほど絞ったでしょうか。街頭から光芒が出ています。

b0134013_0412719.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]





シャープに撮ることができます。
周辺減光はありますがDA35 Macro よりもずっと許容できる写りです。

b0134013_0412975.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]





こちらは開放で。

b0134013_0413121.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]





FA77 の方がぼけやすく柔らかいと感じます。
DA70 はより軽量で手軽に扱いたい場合良い選択となりそうです。
中望遠のパンケーキレンズを選択できるなんて幸せなことではないでしょうか!

b0134013_041358.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]







b0134013_0413599.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]






バスタ新宿オープン前はここが長距離バスの停留所でした。

b0134013_0413840.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]
by tig3ti | 2017-04-04 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

DA35 Macro & DA70 with α7S 銀座散歩 Part 2

DA35 Limited の準広角とマクロで撮る1日。

b0134013_0414629.jpg






開放でもシャープ。
F2.8 の適度なボケ。
周辺減光は個人的にはあまり気にならず。

b0134013_0414328.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]






街中で小さなものを見つけたときに寄れる自由度が嬉しい。

b0134013_0414893.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]





DA35 Macro のボケはかたいけれども
寄れば被写界深度は浅くなり、結果かたさはあまり気にならず。

b0134013_0415095.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]






四隅、落ちてますよね(笑)。
でも頭で考えるイメージってこんな感じじゃありませんか?
対象物以外はボヤっとしていて。

ビネットが脳内イメージと現実の境目を表現してくれる、そんな感じ。
周辺減光エフェクトつきの秀逸なレンズであると結論付けさせていただきます(笑)。

b0134013_0415333.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]






4/4(火)
入谷Four&More
20:00- Live&Session
as神野光雄
tp中野信夫
p今泉泰樹
b原口幸則
ds今石幸男
by tig3ti | 2017-04-03 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

DA35 Macro & DA70 with α7S 銀座散歩 Part 1

小型軽量な単焦点レンズのラインアップが魅力のペンタックス。
フルサイズになってもなんとか使えるDA レンズがあるのはありがたい。

b0134013_13531211.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]






35mm Macro。
周辺減光は結構ありますが、
きっちり解像する写りとマクロ性能が必要な時は使えます。

b0134013_13531545.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]






70mm はレンズ性能的にはより普通に使えそう。
ただ50mm で足を使えばカバー出来てしまいそうなので
やや広角よりの35mm や43mm とのコンビネーションで使うのが良さそうです。

b0134013_13532278.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]






b0134013_13531751.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]






b0134013_13532070.jpg

[SONY α7S & DA 70/2.4 Limited]
by tig3ti | 2017-04-02 14:44 | カメラ/写真 | Comments(0)

ソニービル お別れ with α7S & DA35 Macro Limited

銀座にやってきました。

b0134013_23164549.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]





取り壊しの決まっているソニービルにお別れを言いに。
古びている感じはしなかったんですが建設されて50年も経っていたんですね。

b0134013_23164351.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]





館内では取り壊し後に銀座ソニーパークとなる敷地の様子を展示。

b0134013_23163914.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]





ジオラマで公園の様子が造られてます。

b0134013_23163958.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]





さて、地下のプラザスタイルへ。
音階の鳴る階段として親しまれてきました。

b0134013_23165875.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]





かつてのソニープラザ。
友達が勤めていたので思い出深いです。

b0134013_2317363.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]





この裏口ともお別れか...。

b0134013_2317523.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]





2、3分歩いて銀座4丁目交差点に来ました。
「GINZA PLACE」 まだオープンして数カ月しか経っていません。
ここにソニーショールームが入っています。

b0134013_23165181.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]





銀座の街もどんどん変わっていきますね。

b0134013_23165592.jpg

[SONY α7S & DA35/2.8 Macro Limited]






さて、今回の散歩はα7S とDA35 Macro Limited の組み合わせテストも兼ねていました。
APS-C 用のレンズですのでフルサイズ用としてはイメージサークルが厳しいですが
どれほど使えるものか数日テストしているんです。

今回は載せていませんがDA70 も持ち歩いています。
35mm と70mm の組み合わせは相性が良いですよ。

フルサイズで使うDA35 Macro Limited の印象は...、
気になる周辺減光の影響は一定量あります。
すべての写真で影響は出ていますが特に3枚目がわかりやすいでしょうか。
絞るとケラレがはっきりしてしまい印象は悪くなります。
開放よりの方がビネットっぽく好意的に受け取ることができます。
個人的にはぎりぎり許容できるかなと思いますが手放しでお勧めできるほどではありません。

シャープネスは十分です。
遠景でもきっちり解像しています。

F2.8 ですので対象に近づけば一定のぼけはだせます。
ぼけの質はやや固めです。

4枚目はミニチュアに寄ってマクロ撮影しています。
マクロ撮影できるのが最大の特徴です。

私はFA35 F2.0 を所有していますので使い分けが微妙なんです。
DA35Macro は、
 非常にシャープで、
 マクロレンズのため対象に恐ろしく近づけ、
 しかし四辺のケラレは場合により気になり、
 FA35 ほどは明るくない...

むむむ、とらえどころのない感じでしょうか(笑)。


普段は準広角で広めに切り取り、必要に応じてマクロで寄れるレンズ
大きなビルから虫撮影まで対応するポテンシャル。
そう考えるとこれはこれで面白いと思えるのですが、
35mm のマクロとして使ってみてわかりました。やや使いにくいんです。
広角寄りのため背景がうつりすぎ、被写体も歪んでしまいがちになります。
一般にマクロレンズといえば50mm, 100mm あたりが多いですが
なるほどその意味がわかるな、と納得してしまいます。

それでも使っていて楽しいんですよ。
今しばらく持ち歩いてみるつもりです。





3/28(火)
学芸大学 Jazz Bar A Train
20:00- Live
Trumpet:坂本美緒子
Piano:今泉泰樹
Bass:エディー河野





by tig3ti | 2017-03-27 23:55 | カメラ/写真 | Comments(2)

A Film About Coffee

コーヒーはお好きですか?

b0134013_004353.jpg

[PENTAX K-5 & D FA Macro 100mmF2.8]





こだわりのカフェで過ごす時間が好きですか?

b0134013_003786.jpg

[PENTAX K-5 & D FA Macro 100mmF2.8]






そんなコーヒー通に喜ばれそうな映画を観て参りました。
その名も「ア・フィルム・アバウト・コーヒー」

b0134013_003534.jpg

[PENTAX K-5 & DA35/2.8 Macro Limited]





コーヒー豆の栽培から、焙煎、バリスタ競技大会の様子などを見ることができます。
また、いま話題のカフェや、閉店してしまった名店も改めて目にすることができて感激です。

b0134013_004538.jpg

[PENTAX K-5 & DA35/2.8 Macro Limited]





さて、私がお勧めするベストのコーヒー豆専門店は....

b0134013_003858.jpg

[PENTAX K-5 & DA35/2.8 Macro Limited]






巣鴨、
「ハニービーンズ」

b0134013_004118.jpg

[PENTAX K-5 & D FA Macro 100mmF2.8]






きょうの写真はハニービーンズで撮影したものです。
こちらでいれていただいたコーヒーはお世辞抜きでトップクオリティーでした。
ただしここはカフェではないんですよね。
豆のクオリティーは本当に信頼が置けますので一級のコーヒーが自宅で楽しめると思います。
by tig3ti | 2016-01-05 23:55 | カメラ/写真 | Comments(2)

リバースアダプタ for マイクロフォーサーズ

マクロ撮影は楽しいですね。
小さな世界を垣間見ることができるのは新鮮です。

ペンタックスシステムではマクロレンズを所有していますが
マイクロフォーサーズでは持ち運びの便利さを優先していますので
マクロレンズは購入せずクローズアップレンズでお茶を濁しています。

b0134013_18113279.jpg

[PENTAX K-5 & DA35/2.8 Macro Limited]





マクロレンズで写る範囲というのは目を近づけて凝視する程度、
例えば10円玉をいっぱいに写せるようなイメージでしょうか。

しかし顕微鏡的といいますか、もっともっと小さな世界も眺めてみたくなります。
そこでリバースアダプタを試してみることにしました。
レンズを前後逆向きに装着するとマクロレンズ以上に接写が可能になります。

そのためのアダプタが上の写真(2000円也)になります。


こちらの普通の状態に対して、

b0134013_18161756.jpg

[PENTAX K-5 & DA35/2.8 Macro Limited]






リバース状態。

b0134013_1816149.jpg

[PENTAX K-5 & DA35/2.8 Macro Limited]






リバースアダプタなら持ち運び楽になりませんので、
自分的にはマイクロフォーサーズ向けのアタッチメントとなりました。
by tig3ti | 2015-07-05 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

マイクロフォーサーズマクロ with Pentax DA35 Macro Part 2

引き続きマウントアダプタ経由でDA35 Macro を使った写真です。

ペンタックスのレンズカタログをお持ちの方、
DA35 Macro のサンプル写真にこのようなものがありますよ(笑)。

b0134013_22573722.jpg

[Olympus E-PM2 & DA35/2.8 Macro Limited]







いまDFA100 でマクロを試していました。
マイクロフォーサーズでは200mm 相当ということもあり
またアダプタ重量も合わせてE-PM2 にはアンバランスに重いということで
なかなか快適撮影とは言えません。
やはりOlympus の60mm Macro が欲しくなりますね(笑)。

b0134013_22573834.jpg

[Olympus E-PM2 & DA35/2.8 Macro Limited]







とはいえ、
個人的にマイクロフォーサーズでのシステム拡充は欲張りません。
ペンタックスで一通り揃えていますのでマクロも、望遠も、広角も、深度の浅い標準も
必要なときはK-5 を使うと割り切ります。
それでも12mm, 14mm, 20mm, 45mm の各単焦点に加えてクローズアップレンズの使用で、
相当のシチュエーションをカバーできるのではないでしょうか。

b0134013_22573493.jpg

[Olympus E-PM2 & DA35/2.8 Macro Limited]







あとは35mm/F1.4、50mm/F1.4 の使用を前提としたフルサイズ機の検討を進めるのみです(笑)。
最近はニコンのレトロ調フルサイズ機の噂も出ていてこのクラスもにぎやかになってきました。
その点、フルサイズに限って言えばペンタックスの動きの無さには驚くばかりです。
忍耐力養成メーカーですね(笑)。

b0134013_22574048.jpg

[Olympus E-PM2 & DA35/2.8 Macro Limited]
by tig3ti | 2013-10-25 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

マイクロフォーサーズマクロ with Pentax DA35 Macro Part 1

E-PM2 でマクロ撮影をしました。

b0134013_23472863.jpg

[Olympus E-PM2 & DA35/2.8 Macro Limited]







きょうはクローズアップレンズではありません。
Pentax DA35 F2.8 Macro を持っていますので
ペンタックス用のマウントアダプタをかまして使っています。

b0134013_2348466.jpg

[Olympus E-PM2 & DA35/2.8 Macro Limited]







マウントアダプタは単にかさを増しているだけで電気接点は持っていないものです。
(メーカーが違うのでそもそも通信できないですが)。
通常レンズは電気接点を介して情報をやり取りしているため不具合が起こります。
また、カメラ側で例えば「F4.0」 などと設定してもそのコントロールがレンズに届かないため
絞りを変えることが出来ません。
その点、昔の絞りリングのあるレンズですと直接絞りをコントロールできるので
マウントアダプタ向きの使えるレンズといえます。

さて、DA35 Macro はそのままでは絞り最小の状態。
装着して撮影もできますがいつもF22 になってしまうということ(笑)。
そこで絞りレバーに何か物体をかませて強制的に開放状態にします。
上の写真では「ようじ」をはさんで途中でカットしました。
こんなものでも意外と使えますよ。




こうして撮ったのがきょうの写真です。
絞りは常に開放。
F5.6 などに設定できません(笑)。
しかしAPS-C に比べれば深度も深いでしょうしとりあえず良しとしています。

b0134013_2348121.jpg

[Olympus E-PM2 & DA35/2.8 Macro Limited]







もちろんオートフォーカスなども利かないのですが
もともとマクロ撮影はマニュアルフォーカス、距離感を調節して撮影、
というのが基本スタイルですから使用上大きな不便はありません。

ただ太陽光がきついと露出が厳しいことがあります。
K-5 の最速シャッタースピード 1/8000, ベース感度がISO100 に比べて
E-PM2 は1/4000, ISO200 です。
2段分も差がある上に絞れないわけですから露出オーバーになる危険をはらんでいます。

b0134013_2348323.jpg

[Olympus E-PM2 & DA35/2.8 Macro Limited]









今度はDFA100 Macro でやってみようかな。
こちらは絞りリングがあるからもっと使いやすいはずです。
by tig3ti | 2013-10-24 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)