タグ:SIGMA 10-20mm F4-5.6 ( 101 ) タグの人気記事

海外旅行用カメラ妄想

以前カリフォルニアに行ったときの写真です。
記憶が正しければダウンタウンから30km ほど南下したところ、
Palos Verdes というところだったような...(笑)。

b0134013_2123106.jpg

[PENTAX K-x & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]







カラっとした空気、サボテンなんかもあったりして
西海岸な雰囲気があったなあ。

b0134013_21231139.jpg

[PENTAX K-x & DA16-45mmF4ED AL]







で、そう頻繁に海外に行くわけではないんですが
たまに考えるんですよ。
海外に持って行くカメラは何がベストなのかと。

b0134013_2123619.jpg

[PENTAX K-x & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]







国内、近場で本気で撮る場合は必要な機材はすべて持って行きますし
重ければキャリーケースで移動することもできます。
海外旅行ではどうでしょうか。

b0134013_212313100.jpg

[PENTAX K-x & D FA Macro 100mmF2.8]






二度とお目にかかれない景色、すべてが目新しく刺激的な風景であることを考えると
いまこそベストの機材すべてを総動員して臨みたくなります。
一方、疲労の無い軽快な移動、また盗難、破損などの危険を考えると
限りなく軽装備で臨みたくなります。

うーむ、この完全に相反する要求。
いったい何が自分にとってベストバランスになるのでしょうか(笑)。

b0134013_21231532.jpg

[PENTAX K-x & D FA Macro 100mmF2.8]







- 必要な画角ですぐに撮れること
- 室内外で低感度で撮るため明るいレンズであること
- 軽量であること

b0134013_212316100.jpg

[PENTAX K-x & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]







まず広角は風景を精密に撮りたいためのものだろうということで
DP1 Merrill を選択。

標準域はK-5 & SIGMA30mm/F1.4 であらゆる明るさに対応。
ボケを意識した撮影にも活用。

望遠はE-PM2 & 45mm/F1.8 で軽量に。
さらに暗いところでの広角撮影補強のためにLumix 14mm/F2.5 も持参。

基本的にレンズ交換無しで撮れるというのも大きなメリットとなりそうです。



DP2 Merrill や、せっかくのFA31, FA77 などを持って行けない
という残念さはありますがまあまあなバランスとなりました。

Photo Friend なみなさんはどのような選択、妥協をなさるのでしょうか(笑)。
by tig3ti | 2013-06-30 23:23 | カメラ/写真 | Comments(4)

新年パノラマ

きょうは空気が澄んでいて遠くまで見渡せました。
右下には富士山が見えます。

b0134013_23105723.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]










100mm でズームイン。
富士山も噴火が予想されていて緊張感が高まります。

b0134013_23105948.jpg

[PENTAX K-5 & D FA Macro 100mmF2.8]









続いて高層ビル群にズームイン。
三が日が過ぎて都心も活動を再開しているようです。

こうしてみますと富士山と東京の中心部は目と鼻の先という感じです。
海を越えて中国の黄砂の影響があるくらいですから
ひとたび噴火すれば火山灰の影響が大きいのが実感できますね。

b0134013_2311183.jpg

[PENTAX K-5 & D FA Macro 100mmF2.8]
by tig3ti | 2013-01-04 23:43 | カメラ/写真 | Comments(3)

ふたご座流星群撮影報告 &ペンタックスのインターバル撮影

2週間前にふたご座流星群が来て撮影をトライしていましたが、いまさらながらその結果報告です。
肉眼ではいくつか流星を見ることができました。
ひとつはたまげるほどでかい流れ星で、夜空を見上げている視界の半分ほどの距離を縦に流れて行きました。
それは撮影を始める前のことで撮れていないんですけども。

b0134013_22162163.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]







外はたいへん寒くそれほど気合いの入った天文ファンでもないため、
自動撮影(インターバル撮影)を仕掛けて自分は部屋でテレビを観て過ごしました(笑)。

設定は、
- 10mm レンズでなるべく広い範囲を撮影
- ISO 100 で低ノイズ撮影
- F11 、25秒露光で流れ星を写し込める確率を高める
というものです。
合計300枚撮影しました。

紹介しきれないほどたくさん写っているのかと楽しみにしていたんですが…….

b0134013_22162386.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]










結果は….これらたった2枚だけなんですよ(笑)。
どちらもピクセル等倍くらいまでトリミングしています。
すべての写真は露出を極端に上げてチェックしたので見落としは無いと思うんですが。


25秒露光で300枚ですとのべ2時間以上撮りっぱなしの計算になります。
それほど写らないものなのでしょうか。

- 10mm (in APS-C format) は相当な超広角レンズですが意外と写る範囲は限られます。
寝そべって天空を眺めた範囲のごく一部しか写せていないためたくさん見逃している可能性があります。


- 流れ星のほとんどは驚くほど暗いのかもしれません。
例えばこのビルと一緒に写っている写真。
ビルの照明はそこそこ明るく、25秒間露光しても飛ばない程度にF 値を設定してあります。
それに対して流れ星は1秒あるかないかで露光を終えてしまいます。
にもかかわらずこうしてビルと対等に写っているということは相当に明るい流れ橋だった思われます。


- あとは首都圏ということでいわゆる「光害」の影響を受けいっそう暗い流れ星が見えなかったのかもしれません。
天候には恵まれたんですがね。








最後に、ペンタックスをお使いの方へ。
インターバル撮影が設定より早く終了してしまった経験のある方はいないでしょうか。
「撮影間隔」というパラメータがくせ者であります。

30秒露光を100回繰り返したい場合、


30秒露光
1秒おいてすぐに30秒露光開始
合計100枚を自動撮影

よって
撮影間隔=1秒
としたくなります。

ところがこれは間違いです。
撮影間隔というのは「何秒ごとにシャッターを押すか」という意味なので
撮影間隔=31秒
としなければいけません。

最初の例ですと毎秒シャッターを押していることになるため100秒で自動撮影が終了。
結果3枚しか撮影できない計算になります。
わたくしはこれで何度も悩みました(笑)。
by tig3ti | 2012-12-30 22:24 | カメラ/写真 | Comments(3)

微速度撮影ごっこ 流星群

きょうはひどい大雨でした。
「しし座流星群」が見えるはずだったんですけども。

b0134013_1154547.jpg

(きょうのものではなくただのイメージ写真です 笑)







流星群というのはけっこう頻繁にやってくるんですね。
11月だけで3回もチャンスがありました。

わたくしは10月の「りゅう座流星群」のときに撮影にチャレンジしていましたが
曇りがちでしたし結局流れ星を写すことはできませんでした。

かわりに撮れたのがこれであります。
小さいでしょう(笑)?
アップロードに500Kb の容量制限があるんですよ...。

b0134013_1154376.gif

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]






流れ星は一瞬ですので長時間露光の中に写し込もうと考えました。
インターバル撮影で一回の露光を30秒になるよう設定。
あとは自動的に撮影は進んで行きます。

このうち13枚を連続でつなげたのが上のムービーです。
これって微速度撮影ですよね。

夕暮れから夜まで一気に時間が進んで行くような動画を見たことはないでしょうか?
何秒かおきくらいに写真を撮って短時間でつなげるとあのような動画が完成します。

大変おもしろそうなんですがこれを頻繁に行うと
シャッターの寿命がすぐにつきてしまいます。
なかなか実行する勇気がわきませんね(笑)。
by tig3ti | 2012-11-17 23:15 | カメラ/写真 | Comments(0)

深澤友梨恵さんアーティスト写真 at 渋谷Loop the Loop

本日はジャズボーカリストである深澤友梨恵さんのアーティスト写真を撮りました。
この夏にコンピレーションアルバムの発売を控えているんですね。
そのCD のどこかに使われる予定です。

b0134013_123715.jpg

[PENTAX K-5 & FA31/1.8 Limited Black]







深澤さんとは3週間前に一緒にライブをやったばかりですが
その時に急遽決まった話です。

随分前に別の方からジャケット写真の依頼をいただいたことがあるのですが
要求に完璧に応えられない可能性があると考え思わず断ってしまったことがあるんです。
今にして思えば考え過ぎだったと少し後悔しています。

その後ドラマーの福永貴之氏がCD を作る際にジャケット写真を撮ったことをきっかけに、
機会があればまたやってみたいと思うようになりました。

b0134013_123947.jpg

[PENTAX K-5 & FA31/1.8 Limited Black]








渋谷の美容室であるLoop the Loop さんはご覧のように内装が美しく
まるで撮影スタジオの様で助けられました。
それになによりヘアメイクがすばらしく、
いつもより大人っぽく仕上がった(笑)深澤さんに驚かされましたよ。

b0134013_1231089.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]







渋谷の街にも出てみたりして。

b0134013_1231210.jpg

[PENTAX K-5 & FA31/1.8 Limited Black]







個人的にはいろいろ反省点はあるのですが被写体とスタジオに助けられ、
有意義な一日となりました。
ありがとう!
by tig3ti | 2012-06-30 23:23 | カメラ/写真 | Comments(4)

ふたご座流星群

12月10日の皆既月食に続きまして 去る12月15日、
ふたご座流星群の天体ショーがあったのはご存知だったでしょうか。

再び「にわか天体ファン」となりまして観測に臨んでみましたよ!

b0134013_23112030.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]








1時間あたり20~30個は流れるとのこと。
2、3分に1回流れるということですか。
空は広いですから流れても見逃してしまうかもしれません。
そんな中、まじめに観測していないにもかかわらず
私は3回見ることができました。

特に願い事などはしなかったのですが、もしかして
「3分以内にもう一度見られますように」
と願えば延々と見ることが出来たのでしょうか(笑)。




上の写真は当然のことながら星の軌跡を描いたもので流星ではありません。
この写真で流れ星はよく目をこらしても見えませんね。

次に、連続写真の中から前後のコマに写っていない光を探してみました。
すると微妙にそれらしきものが....







b0134013_23111113.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]


右下の赤い点
ホットピクセルじゃないですよ(笑)
流れ星である保証も無いですがとにかく前後のコマには写っていませんでした







b0134013_23111417.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]

右上の光
他の星が右側に移動しているのに対して下に移動しているように見えます
これは流星ではないでしょうか









b0134013_23111722.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]

左上の光
なんだかよくわかりませんが(笑)
とにかく前後のコマには写っていませんでした







肉眼で発見すると「ツーッ」と流れている様子を見ることができます。
写真では広角で撮っている上に光の弱い部分が写らないということもあるのでしょうか、
あまり長々としたしっぽを写すことは出来ませんね。
by tig3ti | 2011-12-18 23:54 | カメラ/写真 | Comments(3)

母、Live in Yokohama (笑)

撮影を頼まれまして関内まで行ってきました。

b0134013_1474074.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]






悪のりが行き過ぎまして定期的にライブをやり始めてしまいました。
普通に聴いていたらいろいろ気になることがあったはずでありますが
撮影に集中していたため余計なことを考えずにいられてよかったです。

ジャンルはシャンソンです。
私の友人でシャンソンをやっている人はあまりいませんが
この世代では見かけますね。
若い頃に流行した影響が大きいのでしょうか。




歌詞はなかなか激しいものがあります。

母の母=私の祖母が先日100歳を迎えたのですが
そんな話を枕に歌い始めた曲の歌詞は、
「お母さん、死なないで、死なないで!」
と歌い上げるもの。

え? え?
なかなかシリアスですね!
もう撮影に集中するしかありませんでしたが。




しかしこういう歌は最近なくなりましたね。
敢えて言えばトイレの神様とか?
だいぶ違うか(笑)。
by tig3ti | 2011-10-01 23:47 | 音楽 | Comments(2)

でっかい土管が出現

住宅街を抜けると、....なにやら広場に出ました。
変わった地形ですね。
なんでしょう奥に見える土管は。

b0134013_21505886.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]






家の大きさと比べてみてください。
けっこうどでかいですよ。

b0134013_2151210.jpg

[PENTAX K-5 & FA50/1.4]






反対から見てみました。
これはトンネルですよね。

階段で行き来出来るのがなんだか不気味です。

b0134013_2151440.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]






おお、住宅街のすぐ下を突っ切っているんですね。
騒音などは大丈夫なのでしょか。

b0134013_2151628.jpg

[PENTAX K-5 & DA 21/3.2 Limited]






お、貨物列車が通ってくれました。

b0134013_2151025.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]





もともとこういう地形なのか。
何らかの理由で掘ったものなのか。

かわった場所があるものです。
by tig3ti | 2011-06-30 23:48 | カメラ/写真 | Comments(4)

自然 小鳥 池

先日、きれいな声で鳴く鳥を見つけましたので
追いかけて撮りました。

b0134013_2384846.jpg

[PENTAX K-5 & DA55-300mmF4-5.8ED]






さすが野生の鳥、
こちらの動きを微妙に察知してすぐに逃げてしまいます。
自分も木になったような気持ちで近づくと良いようです。

b0134013_2385022.jpg

[PENTAX K-5 & DA55-300mmF4-5.8ED]







きょうは体調が思わしくなく一日寝ていましたが
熱のせいでひさしぶりに体が宙に浮いたような感覚になって参りました。

b0134013_2385443.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]








テレビを観ていてもどうでも良い話で超感動したり
ちょっとしたばか話で腹がよじれるほど大笑いしたりして
このおかしな精神状態を楽しみました(笑)。
なんなんでしょう。大した薬ものんでいないんですが。

b0134013_2385211.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]






ちょうど忙しい合間の一日に調子が悪くなったので
良いタイミングではありました。
by tig3ti | 2011-05-18 23:08 | カメラ/写真 | Comments(3)

夜空 Part 1

きょうは黄砂がすごかったですね。
鼻の調子が悪いのは花粉のせいか、黄砂のせいなのか....。

b0134013_18565712.jpg

[PENTAX K-5 & SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC]







夜空撮影は空気がきれいでないといけません。
街の光が星を邪魔するいわゆる「光害」も問題であり
また雨や曇りの天候も影響が大きいです。

すべての条件をそろえるのはなかなか難しいですね。

下の写真は徐々に雲に覆われようとしている様子です。

b0134013_1857086.jpg

[PENTAX K-5 & DA16-45mmF4ED AL]






また星空でも撮影しに出かけますので2、3日更新おやすみします。

天気予報は芳しくありませんがね(笑)。
by tig3ti | 2011-05-02 23:56 | カメラ/写真 | Comments(4)