タグ:SMC-A 28/2 ( 64 ) タグの人気記事

ペンタックス妄想フルサイズ機 vs ソニー α7S

ソニーのα7S が大変気になっています。
並外れた高感度性能とサイレントシャッターが魅力です。


b0134013_23373293.jpg








フルサイズ機もかなり手を出しやすくなってきました。
α7 無印であれば値ごろ感がありますし、サイズの点ではマイクロフォーサーズと比較できるほどの小型ボディーを実現してくれています。
ソニーは後発にも関わらず(であるからこそか?)、
APS-C, フルサイズ、それぞれに一眼レフとミラーレスのモデルを揃えるまでに成長し本当に感心しています。





わたくしは2008年当時、小型なレンズ群に魅力を感じペンタックスに手を出したのですが、
その後キャノン、ニコン、ソニー各社によるフルサイズモデルの充実、
フォーサーズ、キャノン、フジフィルム、ソニーなどミラーレスによる小型化の流れなどの変化がありました。
結果、ペンタックスはフルサイズ化も出来ない、小型が売りだったボディー&レンズはもはやさほど小型でもない、という選択に乏しい立ち位置に追い込まれてしまったように思います。
レンズ交換型コンデジ、Q システムやデジタル645などで特徴を出してはいますが
一般的なミッドクラスのユーザーにとってはどちらも極端なモデルに見えてしまうのではないでしょうか。



ペンタックスからフルサイズ機は出ないのでしょうか。
悩ましいのはペンタックスもFA, DFA などフルサイズレンズをラインアップしており、また毎年のようにフルサイズモデルについても言及し開発を否定していないことです。市場をにらみながら開発を進めております、みたいな態度をとりながら …. しかし一向に出てこない。
これはリリースを心待ちにしているファンに対して罪深いです。本当に反省していただかなくてはいけない(笑)。
何年もの間期待を持たせて….堪忍袋の緒が切れそうであります(笑)。



仮にフルサイズ機を出すとなったら一体どのようなモデルを出すのでしょうか。
小型化のためにはミラーレス化し、フランジバックを短くしてα7 のような方向に行くのが望ましいのですが、
それは専用マウントを追加することを意味します。
ソニーをもってしてもFE 専用レンズは3本しか出ておらずユーザーからも不満のあがっている点です。
比較的に体力のないペンタックスが4つ目のマウントを追加して維持できる気がしません。



すると過去のレンズ資産まで含めれば多くのチョイスを持つK マウントを継承せざるを得ないのではないでしょうか。
K-01 のようなミラーレススタイルで、遅かったオートフォーカス性能を改善し、EVF を搭載したモデル。
驚くほどは小さくできないものの及第点程度に軽い。
24mm スタートの新規標準FAズームレンズでとりあえず足りない広角域をカバー。
デジタル時代に対応する新規単焦点レンズを50mmだけリリース。
それ以外は当面既存のFA レンズを買ってもらう。
数多くのディスコンFA レンズ資産などを持っているユーザーはもちろん恩恵を受ける。
あくまでもK マウントのためのカメラであり、ペンタックスも多く製造したM42 レンズや、他社製レンズをマウントアダプタで使用することは諦める。






さて、この妄想フルサイズカメラをはたして待ち続けて良いものか。

ペンタックス機なら….
- オートフォーカスが使える
- 絞りリングを持たないA レンズ、DAレンズ(クロップ使用)も使える。
- Exif が記録される。

普通に実使用上外せないポイントばかりです。




一方ソニー α7S なら….

- 依然として高感度性能は最高のはず
- サイレントシャッターはα7S だけと思われる
- おそらく妄想ペンタックスカメラより小型軽量
- マウントアダプタ経由であらゆるレンズが使える
- いますぐ、確実に手に入る(笑)


優れた高感度性能とサイレントシャッターは特製1220万画素センサー装備であるからこそ実現できたものと思われます。
妄想ペンタックスがいきなり1220万画素センサーを積んでくるとは思えませんので必然的にこれらの大きなメリットは得られなくなってしまいます。

オートフォーカスがないのは痛いですが、ピーキングフォーカス機能が意外と使える模様。
訓練次第でそこそこ実用になるのではないかと期待しています。
特にアナログのピントリングを備えたレンズの場合、感覚を活かしたフォーカッシングも併せて素早い操作が可能になりそうです。
最近のレンズはエンコーダーでマニュアルフォーカスするのが主流ですが、これには絶対位置というものがありませんので意外と使いづらいのです。

さて、まとめますと
小型軽量で、高感度性能が素晴らしく、あらゆるメーカーのレンズを装着でき、一応ピント合わせも実用的で、サイレントシャッターが使え、いますぐ手に入るフルサイズカメラ。…..それはソニー α7S 。
おや、これはもしかしたら妄想ペンタックスフルサイズを待つ必要は無いという結論 … でよろしいでしょうか(笑)。






写真のK-5 に装着しているレンズはフルサイズ対応のSMC-A 28/F2 です。
マニュアルレンズです。
広めの42mm 相当標準レンズとして一時期K-5 で使っていましたが、これが本来の広角レンズとして使えるのはうれしいものです。
DA21 のような位置づけで使ってみたい(笑)。
by tig3ti | 2014-11-04 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

カフェタイム

八王子でコーヒー店を発見しました。

b0134013_0232834.jpg

[Olympus E-PM2 & LUMIX G 20mm/F1.7]






アンティークライトが美しい。

b0134013_0232448.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]






こちらには、おおピアノがあるじゃないですか。

b0134013_0232126.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]






贅沢なセットを頼んじゃいました。
これで一人分です。
ポイントは、左上のコーヒーに加えて
右上に水出しアイスコーヒーがついているところ。
味わい深い!

b0134013_0232297.jpg

[Olympus E-PM2 & LUMIX G 20mm/F1.7]






くつろぐ常連客。
このような幸せ空間があったとは。

b0134013_0232639.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]
by tig3ti | 2014-05-23 08:00 | カメラ/写真 | Comments(4)

リチャードマクドナルドの作品 Part 1 ラスベガス

ホテルアリア。
中央にモノレールが。

b0134013_22152494.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO ED 12mm/F2.0]






ここでも行われているシルク・ドゥ・ソレイユの公演。

b0134013_22152690.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







リチャードマクドナルドの作品展が行われていました。
シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーをモチーフにしたブロンズ像を展示しています。

b0134013_22151829.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







販売もしているようですね。

b0134013_22151488.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







パフォーマンス中のベストな動きを定着させる作業だと考えると
すこし写真的なアートの様な気がしました。

b0134013_22151659.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]






そういえばジャズとアクロバット/筋肉パフォーマンスという組み合わせの切り口、
まだ試されていないんじゃないでしょうか(笑)。

b0134013_22152176.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







どなたか体力に自信のある方、
試していただけないでしょうか(笑)?

b0134013_22151948.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]
by tig3ti | 2014-04-20 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

オーケストラピット at サーカスサーカス ラスベガス

古めかしいサーカス小屋をイメージした様なホテル、
サーカスサーカスの出し物を観ました。

b0134013_1058272.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO ED 12mm/F2.0]






子供達を中心に満員です。

b0134013_10582941.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO ED 12mm/F2.0]






いろいろなショーがローテーションでスケジュールされていました。
まずはアクロバティックなローラースケートから。

b0134013_10584091.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]






今度は東洋の美女が登場。

b0134013_10583268.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]






なにやら壺を足でまわし始めましたよ。
このアクションに音をつけているオーケストラピットのドラマーが…
近くまで行ってみました。

b0134013_10584582.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







見せ場の前に「ダララララーー」とスネアロール、
アクロバットのいいところで「バッシャーン」と音を出したりしてました(笑)。
もちろん普通に楽曲の演奏は素晴らしいですよ(笑)。

b0134013_10583469.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO ED 12mm/F2.0]






こういうパフォーマーの動きを追いながら演奏するんですね。

b0134013_10583626.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]






で、ミュージシャンはもう一人のキーボーディストと二人だけ。
低予算です(笑)。

b0134013_10584319.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO ED 12mm/F2.0]







では最後にドラムセットを見てみましょう。
個人的には好みのセッティングです。
クリアな音の4タム。
各種シンバルで何でも出来そうな予感(笑)。
バスドラはツインペダルですね。

ドラマーの皆さん、左下にあるのは何でしょうか?
ドラムヘッドだけ張ったフレームドラムですかね?

b0134013_10583851.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO ED 12mm/F2.0]
by tig3ti | 2014-03-29 23:55 | カメラ/写真 | Comments(2)

ニューヨークニューヨーク Part 2 ラスベガス

ニューヨークニューヨーク館内を散歩しています。

b0134013_0261198.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







儲かっているんでしょうか(笑)

b0134013_0254428.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







横道を行くとニューヨークの街並みが。

b0134013_029828.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







バーではピアノを向かい合わせにセットしてデュオ演奏。

b0134013_0284271.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







お客さんものりがいいですね。

b0134013_0285347.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







フェイクニューヨーク。

b0134013_0291848.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







3/24(月)
錦糸町 J Flow
19:00- Session
鎌倉淳(sax)
今泉泰樹(pf)
伊東佑季(b)
by tig3ti | 2014-03-23 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

ニューヨークニューヨーク Part 1 ラスベガス

フェイクニューヨークの夜景です(笑)。
12mm 解放絞り、手持ち撮影。
よく写ってくれます。

b0134013_0423218.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO ED 12mm/F2.0]






ニューヨークニューヨークというホテル。

b0134013_0423794.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







ティルトアダプタで撮影しています。

b0134013_0423596.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]









エンパイアステイトビルですよ(笑)。

b0134013_0423884.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







こちらはDP1 Merrill。
1枚目のE-PM2 と比べて写りの差はどう感じるでしょうか。

b0134013_0424078.jpg

[SIGMA DP1 Merrill]






あらためて元写真で比べてみました。
DP1 はどこまでも透明感があり、等倍の描写にもにまったく妥協はありません。
感動画質です。

E-PM2 は若干ぼやけたりノイズが浮いたりしていますが十分実用という印象です。
ブログサイズではかなり縮小していますのであまり差は無いように思えますね。

この夜景は美しく見てもらうことを意識した照明効果のせいで、
カメラの質にあまり左右されずにきれいに撮れたように見えるんです。


DP1 はF5.6 で三脚を使用しています。
E-PM2 は解放、手持ち。
手軽さが全く違います。
それにE-PM2 でも三脚を使用すれば一層鮮明な画質になるはずです。

二度と撮る機会の無い景色をどの程度の品質で撮るのかは悩ましいですね。
軽快な旅にするにはマイクロフォーサーズのみというの良い選択と思います。
これに欲張ってDP1, 2 Merrill を追加すると結構な重さになるんです。
それでもDP は作品品質で仕上がったりするのでどうしても手放せないんですよね。






3/21(金)八王子
Band Box Jazz Club
19:00-
伊地知晋平(ts) 
今泉泰樹(pf)
岩崎まこと(b)
西尾研一(d)
by tig3ti | 2014-03-20 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

ストリップ通り Part 4 ラスベガス

夜のストリップ通りをスナップして歩きました。
左にものすごい人数の中国人観光客の集団に遭遇し立ち往生です(笑)。

b0134013_043877.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO ED 12mm/F2.0]








夜景ですが暗闇の中でネオンを活かしたような状況ならば
F2.0,  ISO200 , 1/100 のシャッタースピードは確保できました。

b0134013_0431091.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO ED 12mm/F2.0]








12mm を多用。
b0134013_0431210.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO ED 12mm/F2.0]






で、ここからはティルトレンズに換えて散歩です。

b0134013_0431458.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]






いわゆる普通のぼけ表現とは違いますけど、重くはないですし
旅先で被写界深度遊びをするにはあり得るレンズチョイスでした。

b0134013_0431762.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]









b0134013_0431925.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]


b0134013_0432129.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]

by tig3ti | 2013-12-11 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

渋谷ティルト

街はどんどん姿を変えていきますね。

b0134013_1173967.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







何の気無しに撮っていても意外と貴重な記録になっていたりします。

b0134013_1174161.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







しばらく前に撮った渋谷ももう変化を遂げています。

b0134013_1174297.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







さて、きょうはこちら渋谷でハービーハンコックのライブが開催されていました。
急遽覗いてきましたよ!

b0134013_1174417.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







Actual Proof から始まったライブ、
2時間半みっちりやってくれました。
名曲が多かったですが曲の解釈がどんどん自由になっていて
もはや原曲から離れてまったく別の曲の様です。
ハービーの自由な発想力、すばらしいですね。

b0134013_1174555.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]
by tig3ti | 2013-11-06 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

ティルトの仕組みを復習

この夏はずいぶん逆ティルトによるミニチュア遊びで楽しみました。
いまさらですけども(笑)。

ただ...
経験的に出てくる画は想像できるんですが仕組みがよくわからなかったんですよ。

b0134013_2343107.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]








ティルト機構はレンズの光軸を傾けるものです。
上下左右、自由に傾けることが出来ます。

上下方向に傾ければこのようにわかりやすくミニチュア効果を得ることが出来ます。
ティルトは本来近距離から遠距離までピントを得るためのものですが
これを逆方向に利用してピントの合う幅を極端に狭くしたものを逆ティルトと呼んでいると思います。






下の写真の例で言いますと、
普通のレンズで青い標識にピントを合わせた場合、前後は被写界深度外となり「微妙に」ボケるはずです。

ティルトレンズを下に傾けて道路全体にピント面を合わせると道路の手前から奥まですべてパンフォーカスに見えます。
標識はこの状態での被写界深度内におさまっていれば合焦しているように見えるはずです。

逆ティルトさせるとご覧のように標識以外極端にアウトフォーカスすることになります。

b0134013_23431244.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]








さて今度は左右方向に傾けるとどうなるでしょうか。
同じことが横方向で起こっているわけですから左右はアウトフォーカスになっています。
でもこれが直感的にピンとこないんですよ。

b0134013_23431486.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







といいますのもティルトの角度は最大でもたかだか8度しか傾かないんです。
それなのにピント面は正面方向に伸びているではありませんか。
左奥とか右奥にピント面が伸びているのならまだわかるのですが...。
なんでこれほど極端に傾いているのでしょうか...。


ちょっと調べてみるとどうやらこれは「シャインプルーフの原理」なるものが関係している様ですね。
興味あるかたはググってみちゃってくださいよ(笑)。



現象だけ言いますとレンズから距離が離れるほどピント面の傾きは急になっていくようです。

自分は最初こう思っていたんです。
8度ずれたピント面は、その8度の傾きを保ったまま近距離から遠距離までピントリングで移動する、みたいな。

実際にはピントリングを近距離から遠距離に移動させるとピント面の角度は
10度、20度、30度と傾きを増していき、
ついに正面方向にピントが合っているかのように見えるところまで行く、ということのようです。



もし違っていたらどなたか指摘してくださいね(笑)。
by tig3ti | 2013-11-05 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

東京ドームシティー散歩

試合終了後、東京ドームシティーを散歩しました。

b0134013_2394598.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO ED 12mm/F2.0]







下には飲食店が並びます。

b0134013_2393351.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







上にはフリーフォール。

b0134013_2393666.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







奥にはジェットコースターと観覧車が。

b0134013_2394078.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







ドームを上から見下ろしてみることにしました。

b0134013_2393993.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]







おー、こんな風になっているんですね!

b0134013_2394328.jpg

[Olympus E-PM2 & SMC A 28mm/F2]
by tig3ti | 2013-08-30 23:54 | カメラ/写真 | Comments(0)