タグ:SMC-T 28/3.5 ( 1 ) タグの人気記事

新宿西口スナップ with SMC-T 28/3.5

Photo 先輩所有のSMC-T 28/3.5、
そうそう長く借りてもいられないので
新宿へスナップに出かけてみた。

b0134013_23412955.jpg


b0134013_23412077.jpg







このレンズ、古いM42 ということでちょっとなめていたが(笑)、
なかなかどうして魅力的な写りをすることがわかった。

とくにボケ味は結構やわらくて好きである。
ということでボケを意識して撮影することに。

b0134013_2347882.jpg





それにしても...
オートフォーカスなし。
露出はまったく正しく出ない。
これでは軽快なスナップは望めない...。

b0134013_23415356.jpg




そこで、
マニュアルモード、
絞りを開放、
ピントリングの距離メモリを1.2m あたりに固定、
シャッタースピードは被写体に応じて1/30 なり1/100 固定、
露出のコントロールはISO を変える
という方法にしてみた。

普段こういう風には撮らないのでちょっと新鮮。

b0134013_23413517.jpg





しかし街の人物撮りで1.2m 固定はいかにも近づき過ぎ(笑)。
だが1.5m 以上にすると遠景でもどうもボケが足りない。
なのでピントよりもボケ表現重視と割り切った。

b0134013_23414721.jpg





まったく慣れない方法で瞬発力が要求される。
いつもと違う脳を使うせいだろうか、なんだか楽しかった。

スナップ派のカメラマンはいつもこんなことをしているんだなあ(笑)。

b0134013_23415853.jpg

[PENTAX K-x & SMC-T 28mmF3.5]





APS-C で28mm は感動的なまでに見たままを切り取れる。
35mm 換算42mm というのが泣かせる。
俺のFA43Limited はフルサイズならこの画角であの描写が可能となるのか、と。
うーむ...。

さて、SMC-T 28/3.5、
画質はすばらしい、
価格は安い(¥8,000 以下だったりする)
デザインもすばらしい

だが、
M42 のためレンズ交換ののわずらわしさ
露出、オートフォーカスの不便さ、
F3.5 の暗さ、
を考えると、実用的には30mm/F1.4 か、などと考えなくもない。
それに28mm/F4 でよければ16-45 ですぐにでも対応可能じゃないか、と思ったり。

しかしなんというか...、
ルックスのせいなのか、
妙に手のかかるところがそう思わせるのか、
これぞカメラだ、という感覚を今夜はひしひしと感じながら撮っていた。
by tig3ti | 2010-02-25 23:40 | カメラ/写真 | Comments(2)