人気ブログランキング |

上野の鳥 Part 4

羽を伸ばして休憩中。
上野の鳥 Part 4_b0134013_04073969.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]




飛んでいます!
上野の鳥 Part 4_b0134013_04073962.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]




手乗りスズメ。
上野の鳥 Part 4_b0134013_04074092.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]




慣らし方がすごいですね、おじさん!
上野の鳥 Part 4_b0134013_04074073.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]







# by tig3ti | 2021-05-08 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

上野の鳥 Part 4

羽を伸ばして休憩中。
上野の鳥 Part 4_b0134013_04073969.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]




飛んでいます!
上野の鳥 Part 4_b0134013_04073962.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]




手乗りスズメ。
上野の鳥 Part 4_b0134013_04074092.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]




慣らし方がすごいですね、おじさん!
上野の鳥 Part 4_b0134013_04074073.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]







# by tig3ti | 2021-05-08 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

上野の鳥 Part 3

スズメも桜に止まると絵になるか。
上野の鳥 Part 3_b0134013_04241736.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]




飛び立つハト。
上野の鳥 Part 3_b0134013_04241742.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]




多すぎるスズメはちょっと不気味...。
ちょうど飛んでいるところが撮れました!
上野の鳥 Part 3_b0134013_04241790.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]





佇まいが絵になりますね。
上野の鳥 Part 3_b0134013_04241737.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]




お、桜の花を食べましたよ。
上野の鳥 Part 3_b0134013_04241720.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]








# by tig3ti | 2021-05-07 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

上野の鳥 Part 2

おとなしくしている鳥は撮りやすいですが、
上野の鳥 Part 2_b0134013_18264132.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]





飛んでいる鳥にチャレンジ。
上野の鳥 Part 2_b0134013_18264129.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]





望遠で良い感じでフレームに入れるのはかなり難しいですね。
上野の鳥 Part 2_b0134013_18264186.jpg
[Panasonic GM5 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]







# by tig3ti | 2021-05-05 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)

α7C とα7S 重量比較

万世橋より。
α7C とα7S 重量比較_b0134013_22451973.jpg
[Panasonic GM5 & LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7]





小型フルサイズ一眼としてソニーからα7C がリリースされ半年が過ぎました。
APS-C 機ばりに小さくてずっと気になり続けています。
性能的には昨今どのカメラも十分で、自分は特に重量やサイズ感が気になるので
使用中のα7S と比較してみました。



α7C 基本スペック
- 2420万画素
- 4K動画
- 5段手振れ補正


画素数は自分の用途ではα7S の1220万画素で問題なし。
RAW 現像のパワーが軽微だったりストレージ容量圧迫もなく
かえってメリットを感じることが多そうです。

動画も現在の環境では普通にテレビに映したりYoutube にアップするにもHD 画質で十分で、
動画編集の作業を考えるとむしろHD でないと困難になります。

手ぶれ補正はもちろん魅力だけどもα7S での経験では標準域の通常撮影ならなくても問題なし。
高画素だと等倍鑑賞ではブレが目立つため1220万画素が程よい解像度であるということもあるでしょう。
超望遠も使わないため実質的に不満を感じなくて済んでいます。




重量(バッテリー込):
α7C (509g)
α7 III (650g)

で現行モデル間ではすごく軽くなったように見えるんですが、

α7S (489g)

なんとα7S が一番軽いんです。
手ぶれ補正も入っていないため結構スリムなんですよ。



サイズ:
α7C (124.0 x 71.1 x 59.7mm)
α7 III (126.9 x 95.6 x 73.7mm)
α7S (126.9 × 94.4 × 54.8mm)


α7S は現行機種に比べて奥行がスリムです。
ただファインダが上部に飛び出しているのでここが邪魔に感じるんですよね。



ということでα7S は一番軽く、ファインダ部がやや邪魔ながらもサイズ感も悪くないことがわかりました。
α7C は20万円くらいしますからこれだけではなかなか乗り換えられないなという印象です。

α7S のデザインはクラシックカメラ風でけっこう気に入っていますし、
まだしばらく使い続けていこうと思っています。


以上、超個人的視点での比較でした。
あとこんな話題の後ではありますが...、
実はマイクロフォーサーズの使用率が9割超えている気がします...はい。







# by tig3ti | 2021-05-04 23:08 | カメラ/写真 | Comments(0)