人気ブログランキング |

日本科学未来館散歩

お台場の近くの「日本科学未来館」に入りました。

館内には地球が浮かんでいます。
Geo-Cosmos というんですね。
けっこうリアルですよ。

b0134013_0305624.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO ED 12mm/F2.0]







おおっと、巨大な地球の横を人が横切って行きます。

b0134013_031225.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]







地球の周りには通路があって様々な角度から眺められるんですね。

b0134013_0305999.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO ED 12mm/F2.0]







このGeo-Cosmos のスペックをコピペいたします(笑)。
13t もあるんですね!

発光デバイス: 有機EL(96mm角パネルが10,362枚)
サイズ: 直径約6m(地球の約200万分の1)
重さ: 約13t
画素数: 1,000万画素以上
内部構造: ジオデシック正八面体モデル

b0134013_03105.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]







さらにコピペ(笑)、

「画面上を流れる雲の映像は、気象衛星が撮影した画像データを毎日とりこんで反映させたもの。
    当日の朝までの地球の姿を眺めることができます。」



おお、そこそこリアルタイムな地球の様子が表示されているんですね。


こうして本物の太陽を背にしますとGeo-Cosmos は一層リアリティーが増して見えます。

b0134013_031459.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]







そんな地球の未来を担う子供の図、ですか(笑)。
ちょっとわざとらしいですね(笑)。

b0134013_031663.jpg

[Olympus E-PM2 & M.ZUIKO 45mm/F1.8]
by tig3ti | 2014-05-02 23:55 | カメラ/写真 | Comments(2)
Commented by jpn2282 at 2014-05-03 07:50 x
地球のどこかに
マルC Google
というクレジットを探してしまいそうです。
リアルタイムで見られる地球、壮大でいいですね。
日本科学未来館、ぜひ行ってみたくなりました。
Commented by tig3ti at 2014-05-03 23:18
なかなかよく出来たディスプレイでした。
宇宙飛行士の毛利さんによるアイディアのようです。


<< 帝国ホテルバイキング Part 1 Haruki キャンプ Part 3 >>