人気ブログランキング |

Bluetooth スピーカー選び(楽器用)

iPhone などから無線で接続できるBluetooth スピーカーを便利に使っています。
これを無理を承知で手軽な楽器用モニターとして使おうといろいろ試してみたら….かなり混沌といたしました。
そのモヤモヤをここにぶつけたいと思います(笑)。

b0134013_23592187.jpg

[SONY α7S & D FA Macro 100mmF2.8]









使用スピーカー
Anker Soundcore (¥4,000) (6W)
(音質、コストパフォーマンスは抜群で普段使用には全く不足はありません。)


やりたいこと
せっかくのBluetooth スピーカーですから、
iPhone がシンセとなるようなアプリを使いそれをBluetooth でスピーカーに飛ばします。
iPhone にはコントローラーとして鍵盤をつなげげられるので楽器のように扱えるというわけです。

b0134013_23592162.jpg

[SONY α7S & D FA Macro 100mmF2.8]









まずSoundcore にBluetooth 接続するとやはりレイテンシーが発生します。
鍵盤を弾くと少し遅れて発音しますがこれは規格上避けられないことです…。
とりあえず、Soundcore にはAux 入力があるのでケーブル接続してみるとレイテンシーは激減しました。
しかし依然として微妙な遅れを感じます。
さらに6W ではいかにも非力でもう少しワット数の大きなモデルを試したくなってきました。



ということで上位モデルのこちらを導入しました。
Anker Soundcore Boost (¥7,000) (20W、低音増強版)

b0134013_23592119.jpg

[SONY α7S & D FA Macro 100mmF2.8]







さっそくBluetooth 接続すると..、
なんとレイテンシーが悪化しています!これは予想外でした。
次にAux 入力を試してみると…。
こちらも悪化しています!

想像では…Anker Soundcore Boost は低音増強回路が追加されているため、
DSP のパワーを使ってしまい遅れが増加しているのではないでしょうか。
Aux 入力の方はアナログ入力で普通のアンプのように使えるイメージを持っていましたが
実はA/D 変換しているのではないかと気付きました。
であればケーブル接続でも低音増強回路などの影響で遅延は増加するはずです。
むむむむ!!



そこで今度はより良い条件でスピーカーを探すことにしました。
さらなるワット数増強と、今度はBluetooth のコーデックまで見直すことにしました。
Bluetooth にはいくつかコーデックがあり、それぞれに遅延の程度が異なります。

SBC (220ms) <- Soundcore を始め多くはこれ。
AAC (120ms) <- SONY などで対応している製品あり。
aptX (70ms) <- せっかく低遅延なのにApple が対応していません!!
aptX Low Latency (40ms) <- かなり低遅延なのにやはりApple が対応していません!!



iPhone でより低遅延を目指すとなるとAAC を採用しているSONY 製品に絞りたくなりました。
SONY SRS-XB40 (64W)
そこで量販店で試してみたところ…あまりレイテンシーが少ない印象はありません。
それどころかSBC を採用しているJBL (Charge3)などの他社製品の方が速く聞こえるほどです。

このタイミングでSONY の新製品が発売されました。
SONY SRS-XB41 (50W)
新製品なのにワット数が低くなっています…。
これらXB40, XB41 を比較してみると新製品のXB41 では、
- 音質はクリアになっている
- 音量はやや小さくなってしまっている
- Bluetooth 遅延は多くなってしまっている
- Aux 入力の遅延も多くなってしまっている

悩ましい!
仕様を見るとDSP に負荷のかかる機能が追加されているようです。
これのせいで遅延が悪化しているのでしょう。


コーデックの違いによる音質や遅延の差が語られていますが、
カタログを見ていても全く参考にならないことがわかりました。
コーデックによる音質の差はスピーカーの音質差に比べれば実にわずかなものです。
遅延も理論値では差があるはずなんですが実機上では他の条件が大きく作用しているようです。


というわけで、混沌は続いていますが現状で印象の良い製品は、
Ultimate Ears Megaboom
です。(まだ購入しておりません)。
あまりメジャーではないですが。
遅延、音質、音量のバランスを見なくてはいけませんのでなかなか難しいです。


追記:
Ultimate Ears Megaboom は十分な音量がでます。
その音質も「楽器的」なのでこの目的では相性が良いです。
ただLine In でもレイテンシーが大きめであることを確認しました。

JBL はCharge3 もEXTREME もレイテンシーが少な目です。
Line In に関してはレイテンシーをあまり感じませんでした。優秀です。
ただCharge3 の音量はUltimate Ears Megaboom ほどでないのが残念です。
EXTREME は持ち運ぶにはあまりに重く感じます。2.13Kg。



レイテンシー参考情報
http://www.geocities.jp/ultra_violet_laser/audio.html


5/21(月)
大宮Acoustic House JAM
19:30- Session
三上志織(vo)

今泉泰樹(p) 

園部智彩(b)


5/24(木)
与野シャイン
19:30- Live&Session
林 文夫 (Sax) チェルシーカルテット
今泉泰樹(p)
山澤亮(bs)
畠山 尚久(dr)


5/25 (金)
入谷Four&More
20:00- Session
p今泉泰樹
b中野優樹


5/27(日)
宮前平Indigo
14:00- Session
pf 今泉泰樹  
bs森野熊男




by tig3ti | 2018-05-20 23:55 | カメラ/写真 | Comments(0)


<< 大雨 田舎道散歩 >>