美、発見

この時期なのに、高原ではいまがシーズンだったりする。


b0134013_23552758.jpg




宝石のような水玉。
花の影でひっそりと存在している。
こんなに美しいのに誰にも見られることもなく数時間もすれば消えてなくなってしまうのでしょう。


b0134013_23553867.jpg



撮影目線で歩いているとそんな人知れず存在している一瞬の美しさにもにも出会うことができます。

なんだかカメラが撮るものというより感動に出会える小窓のように思えてきました。

うまいこと言い過ぎでしょうか。
あっはっはっは。

b0134013_23551922.jpg





# by tig3ti | 2008-08-25 23:54 | カメラ/写真 | Comments(4)

ご指摘

先日実家に行ってきました。

父に写真を見せるとなかなか厳しい評価で萎えました(失笑)。
なにしろ写真、始めたばかりですから...
でもなかなか本音で指摘してもらうような機会はありませんからね。

b0134013_23101770.jpg



しかし話をしていてもずいぶん聴こえづらそうだったな。
一応両親とも元気なのですけどもなんだか最近は実家に行くのも
「会える機会を無駄にしないように」という変な焦りで行っていたりします。

意外とそう考えてしまう人も多いんじゃないでしょうか。

こう考えると話が出来るだけでも奇跡のような気がしてきます。

みんな、いつまでもいつまでも元気でいられるといいんですけどもね。
# by tig3ti | 2008-08-24 23:58 | その他 | Comments(4)

今日は演奏

すばらしすぎるメンバーと楽しい演奏。

ひとりひとりが強力なビート感を持っているので
より自由になれますね。

b0134013_3273378.jpg



演奏の合間に撮影。
なるべくドラムに近寄ってダイナミックな動きをとらえたかった。
ハイハットの開閉のせいか、風がビュンビュン顔に当たる!
結果、思ったような写真は撮れませんでした(笑)。

撮っているときはなんだか変な風に見られている気がして、
構図に納得する間もなく適当に撮ってしまったりします...


これはエディットしましたがクラッシュシンバルの質感が心地よいです。
# by tig3ti | 2008-08-23 23:56 | 音楽 | Comments(0)

今日はライブ

きょうは歌伴でした。

b0134013_1474382.jpg



上の写真のように、
ボーカル=花 をピアノ、ベース、ドラムスの3つの花が囲んで構図を作る。
いいものが作れただろうか。

なんて... 写真を載せるためだけのこじつけな文章です。
ええ。
# by tig3ti | 2008-08-22 23:21 | 音楽 | Comments(0)

抜け殻

アブラゼミの抜け殻。


この時期あちこちで見かける。
7年間、ずっとこの土の中にいたのか。
意外となんでもない道路の脇に生息しているものだなあ。


目を覆っている部分、産毛、足のとげ
ずいぶんきれいに脱ぎ捨てるものです。

背中から糸が出ていて、なんかつくりものみたいな。


b0134013_019166.jpg



子供の頃、夜中にクワガタを探しに公園に行ったときにセミの羽化を見たことがあります。
透明がかった緑色でとてもきれい。
何時間か後にはまっ茶色になってしまいますが。



b0134013_0194265.jpg



羽化のときってどういう気分なんだろうか。
からだがむずむずかゆくなってきて
悶絶しているうちにいつの間にか羽化していたりするのか。


b0134013_0195216.jpg



ニイニイゼミの抜け殻は少し小ぶりで泥だらけなんです。

アブラゼミの上には、僕が乗せました....

b0134013_020156.jpg



抜け殻だけでなくセミ本体も撮ってありますよ(笑)。
# by tig3ti | 2008-08-21 23:06 | カメラ/写真 | Comments(5)

橋を渡ると...

青空にそびえる巨大な橋!


b0134013_2155694.jpg



太陽の照りつける中、長い橋を渡ると...


b0134013_216118.jpg



美しい花畑が現れた。
ここは日本のサンフランシスコ.... だ。

b0134013_2162034.jpg

# by tig3ti | 2008-08-20 23:21 | カメラ/写真 | Comments(0)

きょうはリハ

1ヶ月ぶりに演奏した曲。
もう忘れて始めているようでは仕方ないな...

b0134013_0472148.jpg




ところで別件ですが最近うれしい驚きがありました。
高校時代の同級生の話。

ちょっと不思議な人でした。
トランペットに入れ込んでいて、クラシック音楽を休み時間ごとに聴いては感動していました。
当時カセットテープのウォークマンで。

トランペット以外には無頓着。
学業にもそんなに身を入れていなかったような(笑)。
性格は純粋というか
天真爛漫というか。
まったく憎めない感じ。

卒業後は特に連絡を取り合うようなこともなかったのですが
あんなに純粋にトランペットを愛していた彼のその後
いったいどうなったのかなと気にはなっていました。



あれからずいぶん時間が経ちましたが先日なぜか急に思いたって名前を
検索してみると、

読売日本交響楽団 主席トランペット奏者
となっている。

写真もそれっぽい。
多分本人だろう。


うーん、すごいぞ。
すごすぎる。

当時尊敬していると言っていた師匠と同じグループでも演奏している模様。


あの純粋な思いが形になっていたのかと思うと非常にうれしいです。
いまさらですけども。

b0134013_0472920.jpg



 って この写真はイメージ違いすぎます(笑)。
こういう交響楽団員、ちょっとおもしろいかも。

練習の合間にビバップとか吹いたりして。
# by tig3ti | 2008-08-19 23:45 | 音楽 | Comments(0)