梅、完熟

1週間前に梅林を歩いたらサクランボくらいの小さな実がたくさん落ちていました。
b0134013_0582931.jpg



きょう同じところに行ってみたら普通の大きさの梅の実が混ざって落ちていました。種類が違うんでしょうかね。
その実たちが一斉に発酵していて、あたり一面梅酒の香りで満たされていました。


梅の幹に草が生えて草原のようになっていました。
b0134013_0581967.jpg
SIGMA DP1 & Kenko Close Up Lens No.3 x 2
# by tig3ti | 2008-06-16 23:56 | カメラ/写真 | Comments(0)

ボサノバ綿毛

現像に次ぐ現像でラップトップコンピュータがオーブントースター並みに熱くなっております。あまりの熱さにアイスノンを下に敷いています。
効果は高いですが温度差が激しいので機械には負担がかかってるのかな、とも思います。
急な伸縮に疲労して基板状のパーツが浮いてしまうとか、結露とか。どうなんでしょう。
でもほんと、やけどしますよ、この温度。


道ばたでふわふわの綿毛を見つけました。
ほのぼのした気分でボサノバを演奏したくなるようなイメージで撮ったのですけども。
さて、何の曲が浮かびましたか(笑)?
b0134013_0221.jpg

# by tig3ti | 2008-06-15 23:01 | カメラ/写真 | Comments(2)

放浪 -> 再会

週末も晴れてくれて良かったです。太陽を取り入れた写真を撮りに出かけました。
しかし最近は撮影しても現像が追いつかず困っています。

b0134013_2594584.jpg
b0134013_2595511.jpg
SIGMA DP1 with Kenko Close Up Filter

カメラ片手にふらふら歩いていたらSynth Programmer Friend から声をかけられました。偶然オフィスの前を通りかかっていたのでした。
少し話をしたら意外なJazz Friend とのつながりもあることがわかりました。世間は狭いですね。
久しぶりにお会いできて良かったです。
# by tig3ti | 2008-06-14 23:57 | カメラ/写真 | Comments(4)

シャッタースピード実習

梅雨ですが、つかの間の太陽光がうれしかったです。

b0134013_113499.jpg



ちょうど良い感じの滝を発見しましたのでシャッタースピード実習してみました。
これを調節することで水の動きを止めたり、実物より柔らかい絵にすることができます。

ISO200 1/1000 秒 F4
1/1000 秒を試したかったのでISO を100 から200 にしました。
たしかに水しぶきが止まっています。
b0134013_15944.jpg


ISO100 1/4 秒 F11
こちらはシャッタースピードを稼げるようにPL フィルターを使用しました。普通ND フィルターを使うのでしょうが持っていないのでPL 使っちゃってます。こちらは水が柔らかく流れてます。
b0134013_1222715.jpg
b0134013_1224435.jpg

# by tig3ti | 2008-06-13 23:00 | カメラ/写真 | Comments(3)

車掌さん、大丈夫でしょうか

よる電車に乗っているときですけども、50歳台くらいの車掌さんのアナウンスの声がひどくうわずっているんです。ずっとビブラートがかかっている感じで。低い声で、気分が悪そうに、「う〜ら〜め〜し〜や〜」と言うときのような揺れ方で。

機材に詳しい方なら、コーラスエフェクトでデプスをすごく深くしてウェット音だけを聞いているような感じ、というえばわかるでしょうか。

あんな声、聞いたことありません。
どういう状態だとあんなに声が震えるものなのでしょうか...
心配になって駅で降りた後、うしろの車両まで様子を見に行ってしまいました。


b0134013_1574321.jpg


b0134013_1575640.jpg


SIGMA DP1


見る限り、車掌さんは一応元気にしているようでした。
# by tig3ti | 2008-06-12 23:49 | カメラ/写真 | Comments(2)

きょうはリハ

ピアノの調律直後ということで割と気分よく弾くことができました。

b0134013_2125994.jpg



きょうは雨を覚悟していたのですがなんとか持ちこたえました。

身近な場所でも自然はどんどん表情を変えていきます。

b0134013_29326.jpg
SIGMA DP1 with Kenko Close Up No.3 x 2



あじさいも花が咲く前はこんな形してます。
なんだか部分的にバラのようにも見えませんか?
# by tig3ti | 2008-06-11 23:50 | 音楽 | Comments(0)

ベーゼンドルファー弾きまくり

きょうは再びベーゼンドルファーを弾くチャンスがありました。
ベーゼンばかりサイズ別に何台も弾いてしまいました。なかなかできないことでしょうよ。これは。

先日も某所でインペリアルを弾いて良いピアノだとは思いましたが、なぜか心に響かなかったんです。
しかし今日のはすごかった...

これまでベーゼンの音に対するある程度のイメージがありましたが、
これだけ良い音がすると、今まで持っていた「...のような音」というカテゴライズなど吹っ飛んでしまうような、言葉では表現しにくいオーラのあるサウンドでした。

b0134013_23331931.jpg


インペリアルは通常のピアノ(88鍵)より低音部に拡張されて97鍵あります。この弦が更なる共鳴音を生み出し、より大きな響板が豊かな音に仕上げています。
隣に88鍵のフルコンがありました。これ自体普通のメーカーの最高級モデルに当たり十分に良い音なのですが、インペリアルではそれを上回る音になっている訳ですから恐るべきクオリティーです。

b0134013_23332818.jpg


他の小型のピアノも弾いてみましたがどれも非常に良い音をしていました。これは非常に気を遣ってピアノの整調がされた結果なのかな、と...

ピアノをお持ちの皆さん、一度ご自分のピアノを整調してもらったら見違えるような音になるかもしれませんよ。
# by tig3ti | 2008-06-10 23:23 | 音楽 | Comments(0)